年会費無料クレジットカード - 節約女子流

節約女子流

イオンカードをお得に

イオンカードのポイント還元率は0.5%なのに隠れ高還元率!2倍Day、5倍Day、5%offがお得過ぎるよ

更新日:

イオンカードのポイント還元率って基本還元率は0.5%と高くないので、わたし(節約女子流の管理人)はあんまり良いカードじゃないかもってちょっと軽視していました。

でもこれって騙されてました・・・

基本還元率の低さに誤解されがちですが、イオンカードはメチャクチャ高還元率カードです。

何故かと言えば、WAONチャージで利用すれば低かった基本ポイント還元率も0.5%からポイント2重取り効果で1%になります。

””
還元率1%になったとしてもそこまで高くないよね。普通?
””
甘い!イオン系の店で利用すればポイント付与率を2倍、5倍にするのは簡単で、すぐに還元率は2.5%まで跳ね上がるよ
””
これは隠れ高還元率カードだね

 

何より大事なのはイオンカードがあれば5%offデイを利用できるってことですね。イオンを一番お得に使うには結局5%offディを活用するのが一番なので。

しかも、イオンやその系列店は日本中にあるので利用できる範囲が広すぎです。

日本最大の小売店でとても利用しやすいイオンカードのお得度を徹底的に説明します。

 

イオンカードのポイント還元率の基本とは

イオンカードセレクト(以下イオンカード)の基本還元率は0.5%。

 

これが、どれくらい跳ね上がるか・・・ポイント還元率を以下に示します。

イオンカードセレクトのポイント還元率

イオンカードのポイント還元率

 

””
すごいポイント還元率じゃないですか?
””

ポイント5倍ディを使えば2.5%というちょっと他にはない還元率ですし、5%offに至っては強すぎるね

 

イオンカードセレクトは、便利なだけでなくイオン系列のカードの中でもポイント還元率がダントツで、「イオンでよく買い物をする」「イオン系列店を中心に活用したい」、そして「イオンの二つのポイントをお得にゲットしたい」という方は、必須の年会費無料カードと言えそうです。

絶対に抑えるべき5%オフディ

イオンカードの還元率をアップさせる方法として、最も重要なのは5%offディを積極的に活用することです。

これだけでイオンカードの還元率は5%に跳ね上がります。

イオンの5%オフDay

  • 20日
  • 30日

 

保存の効くお菓子や調味料などは、20日、30日の5%オフディ(お客様感謝デー)を積極的に利用して購入してください。

5%も安くなりますので。

パルコカードとか百貨店系カードだと10%off特典とかありますけど、そもそもの値段の高い店で10%offしてもらっても、そんなにうれしくないですよね。

だけどイオンって基本的な価格が安くなっている店じゃないですか。その低めの価格から5%をさらに引いてもらえるのが大きすぎます。

55歳以上なら15日も5%オフ

イオンはシニア層を大事に強いているのか55歳以上にはさらに毎月15日もG.G感謝デーとして5%オフにしています。

男女とも利用できる(GGであって、ジジイではない)ので55歳以上の方は、うれしいですね。

ポイント5倍デイと2倍デイも利用しよう

イトーヨーカドーやヨークマートで使えるセブンカードなどもポイントカードとして有名ですが、イオンカードの売りは何と言っても圧倒的なサービスデーの多さです。

イオンカードの通常の還元率は1%ですが、ほとんどの人は上記の5%オフdayに加えて、ポイント5倍Day、2倍Dayを組み合わせて利用して、2%以上の高還元を実現していると思います。

 

インターネットで還元率が急上昇する場合も

インターネットショッピングで積極的に使っていくのもお勧めです。

ときめきTOWN経由でネットショッピングをすると最大21倍のポイントをゲットすることができます。

しかもときめきTOWN経由でショッピングできる先にはYahoo!や楽天がありますから、Tポイントや楽天スーパーポイントのダブルゲットも狙うことができます。

JTB海外ツアーもポイント4倍でうれしいんですよね。

 

 

 

実はたくさんあるイオン系列店

「還元率がボーナスで跳ね上がるって言っても所詮イオングループだけでしょ?」って思う人も多いと思います。

確かにイオンカードが高還元率カードになるのは、イオングループで使った場合だけです。

でもイオン系列店は、実はたくさんあります

都心部に多いマイバスケットや神奈川県の郊外に多いBiGもイオン系列です。

マックスバリューやベルクなんかは言うまでもなくイオン系列ですしね。

 

 

ポイントの賢い貯め方

ときめきポイントとWAONポイントには前述したような違いがあります。

最も大きな違いは「クレジット決済」と「電子マネー、現金払いの際に付与」という点でしょうか。使い方も確認して、貯めやすい方、そして使いやすい方を中心にゲットしてゆくことをお勧めします。

 

ポイントは普通に買い物をするだけでも獲得できますが、各種サービスを知っておくとよりお得にゲットすることができるのです。

 

 

イオン銀行や公共料金支払いを併用することでさらにお得に

お客様感謝デーやボーナスポイントに加えて、イオン銀行を併用することでイオンカードセレクトをさらにお得に使うことができるのです。

 

イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカードも一体になっているカードです。

このカードを所持しているだけでイオン銀行の普通預金の金利を0.1%上乗せしてもらえるという特典があります。

 

この特典の他に、給与口座への指定でWAONポイントを毎月10ポイントゲットできますし、公共料金の支払いに使うことで毎月5WAONポイントゲットすることができます。

イオングループのお店ではときめきポイントが何時でも2倍という特典もあります。

これはイオンカードセレクトならではの美味しい特典です。

ゴールドカードでさらにお得に?ETCでもポイント

一定の条件を満たすとゴールドカードへランクアップさせることも可能です。

ポイント還元率自体はさほど変わらないのですが、同じくらいのポイント還元を得ながら空港のラウンジサービスの利用や高性能なショッピング保険、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が付加されています。

ゴールドカードにしては珍しい年会費無料ゴールドカードなので、サービスデーを活用しつつゴールドカード特有の特典を無料で得られるという大きなメリットがあります。

ETCカードも無料で持てる

イオンのETCカードでもポイントを貯めることができます。

発行手数料も年会費も無料というのは大きいです。

高速道路を使う機会の多い方は、イオンでの買い物と合わせると年間でかなりのポイントをゲットできますね。

クレジットカードをお得に使うには1枚のカードをなるべく活躍させるのが良いので、ETCカードを無料で作れるイオンカードはぴったりです。

しかもイオンのETCカードにはお見舞金というサービスがあります。ETCバーなどに車が衝突した時に一律5万円をお見舞金として受け取ることができるというサービスです。

 

ポイント2重取りもできる?簡単な仕組み

電子マネージャージによる2重取り

イオンカードセレクトでは、電子マネーへのオートチャージ設定が可能です。

イオンカードセレクトでオートチャージを行うとポイントを二重取りできるという仕組みです。

チャージ分のポイント還元、電子マネー使用でのポイント還元は共に0.5%です。

合計で1%の還元率になります。

オートチャージを活用することによってどんどんポイントを貯めることができるというわけです。

 

イオン銀行キャッシュカードはオートチャージのポイントも貯まらないので、イオン銀行を使う場合もイオンカードセレクトは必須です。

 

例えばイオンカードセレクト(MasterCardに限る)からau walletへのチャージでも0.5%のポイント還元を受けることができます。

Suicaにもチャージが可能ですが、この場合の還元率は0.25%(400円で1ポイント)なので、還元率としてはベースの0.5%に0.25%を加算して0.75%となります。

チャージを活用して二重にポイントを稼ぐなら、やはりWAONチャージが良いですね。

イオン系カードなので、イオン系列電子マネーWAONとの相性がベストってことです。

 

 

最後に

イオンカードが隠れ高勧化率カードであることが分かって頂いたのではないでしょうか?

イオンカードにはポイントを大量ゲットできる可能性のあるポイント2倍デーや5%offディなどのサービスデーがたくさんあり、しかもサービスを併用することでさらにポイント加算に繋げることができるというお得な使い方ができます。

イオンやその系列店を使うなら絶対に作っておいた方良いカードです。

イオンカードのお得な作り方

無料で作れて、イオンや「まいばすけっと」などを5%オフで利用できるイオンカードは絶対持っていた方が良いカードです。

こちらから作れば、6000円相当のポイントがもらえるので、ぜひ活用してください!

-イオンカードをお得に

Copyright© 節約女子流 , 2018 All Rights Reserved.