年会費無料クレジットカード - 節約女子流

節約女子流

イオンカードをお得に

イオンで家電を買うのは安い?アウトレットは?

更新日:

イオンで「家電」を買いたいって人は、「イオンで売っている家電ははたしてお得なの?」ってことに興味があるかと思います。

イオンと言うと「食材」「日用品」のイメージのほうが強いです。

確かにイオンは全国展開をするスーパー「マックスバリュー」を系列店に要する、日本の食を支える企業の一つです。しかし「イオン=食材」と侮るなかれ。その他のお買い物も、とってもお得にできるのです。

今回は、イオンではちょっと脇役っぽい「家電」に大注目。家電もイオンでお得に買えてしまうのですよ。

イオン家電のチラシよりもお安く?イオンで家電を買うのは量販店より安い

イオンのチラシを見ていて「家電が高いな」なんて思うことはありませんか。

実際にイオンに足を運んで、「やっぱり量販店より家電が高い」という印象を持ったことはないでしょうか。

「餅は餅屋」という言葉があります。

イオンの代表的な商品は食材や日用雑貨という印象があることでしょう。多くのお母さんたちが食卓のための買い出しにやって来ますから、その印象は決して間違っていません。餅が餅屋なら、「イオンは食材」という考えは確かに一理あることでしょう。

イオンの強みは扱う商品のカテゴリが広いことでもあります。店一つで本から家電まで色々そろうイオンの店舗も珍しくありません。餅は餅屋なのですが、「イオンは食材」と決めつけてしまうことは早計です。

イオンで扱いがあるということは、食材や日用雑貨のように、イオン独自の強みでもってお得に購入する方法があるのではないでしょうか。

実は・・・あるのです。イオンで食材や日用雑貨以外の商品もお得に購入できてしまう方法が。

餅は餅屋の理屈でいくと「家電はやはり家電量販店で」という話になります。

確かに家電量販店は家電が安いです。

しかし、イオンでも、以下のポイントおさえれば、家電はとてもお得に購入できてしまうのです。

イオンでお得に家電を購入するためには、いくつかのポイントを知っておきましょう。

このポイントをおさえることで、家電量販店より家電をお安く購入することもできるのです。

イオン家電はロイヤルパスポートやサンキューパスポートで割引ゲット

イオンにはお得な割引パスポートが存在します。

イオンカードの引き落としをお知らせする封書などに「パスポート」と呼ばれる割引特典を受けられるチケットが同封されていることがあるのです。

チケットが見つからなかったので、同封の広告を載せておきます。

同封の他に、誕生日用に送られてくることがあります。

「ロイヤルパスポート」は、「ある月の一日限り割引対象になっている商品を指定のクレジットカード払いで購入した場合に5~10%割引にする」というパスポートです。

特典を受けられる一日はお客さん側で指定可能です。

お店側の割引日に合わせて足を運ぶのではなく、自分が都合の良い日にお店側が割引日を合わせてくれるのが嬉しいですね。

「サンキューパスポート」も、同じく「ある期間の一日限り、割引対象になっている商品をクレジットカード払いで購入した場合に5~10%割引にする」というパスポートです。

ロイヤルパスポートよりもサンキューパスポートの方が特定の商品が少ないという特徴があります。

例えばロイヤルパスポートは一部の食料品も割引対象になりますが、サンキューパスポートの方では、基本的に食料品は対象外となります。

割引対象になる商品が多いという点でロイヤルパスポートの方がお得と言えるでしょう。

「バースデーパスポート」は誕生月の近くになるとイオンカード所持者に送られてきます。

バースデーパスポートやロイヤルパスポートと同じで、「誕生月の一日限り、割引対象になっている商品をクレジットカード払いで購入した場合に5~10%割引にする」というパスポートです。

三つのパスポートはクレジット払い機能の付いたイオンカード所持者を主な対象としています。

イオンで家電をお得に購入したい方だけでなく、イオンをよりお得に使いたいという方はクレジット機能付きのイオンカードを作るところがスタート地点になります。ここからも、「イオンカードを所持していること」を前提に話を進めさせていただきます。

イオンカードのお得な作り方

無料で作れて、イオンや「まいばすけっと」などを5%オフで利用できるイオンカードは絶対持っていた方が良いカードです。

こちらから作れば、6000円相当のポイントがもらえるので、ぜひ活用してください!

家電製品はどのパスポートでも基本的に5%オフとなっています。

ただし家電に分類されるものでも一部対象外となる商品もあります。

電気製品ですがゲーム機の本体なども割引対象外となっています。事前チェックは欠かせません。

イオンの配送料について

どうしても大型商品は自分で運ぶことが難しいため、お店側の配送頼りというところがあります。

そうなると、「家電の値段には送料を含めて比較しないといけない」ってことになりますね。

イオンの配送料は店頭で頼むと近くなら300円、指定地域外なら500円なのでかなり安いです。

そういう意味では、イオンで大型の家電を買うことはお得になりやすいって言えますよね!

イオンで家電!エアコンはどうなの?

最新のエアコンを購入しようと家電量販店と見比べた場合、パスポートを使って5%にした価格と比較してみるといいでしょう。

結構ヤマダ電機などの家電量販店よりも安いケースが多いです。

ただし、エアコンの場合は取り付け費用を含めて考えることもお忘れなく。

イオンだとエアコンの取り付け代金が9,800円のことが多いです。

エアコンの取り付け費用は基本的に割引対象外となっています。

 

イオンでエアコンを買う最大のメリットは分割手数料がゼロ円にしてくれることが多いってことですね。

イオンカードが必要ですが。

イオンカードのお得な作り方

無料で作れて、イオンや「まいばすけっと」などを5%オフで利用できるイオンカードは絶対持っていた方が良いカードです。

こちらから作れば、6000円相当のポイントがもらえるので、ぜひ活用してください!

イオンで洗濯機は安い?

パスポートでは家電製品が5%割引になります。

もちろん家電の代表格たる洗濯機も対象です。

洗濯機と一緒に使いたい洗剤も割引の対象になっています。

洗濯機を購入するならセットで見ておきたいですね。

イオンの家電!テレビはお得か

こちらも家電の代表格であるテレビ。もちろんテレビも家電なので割引の対象になります。

家電量販店で4Kテレビが19万6千円でイオンでは20万円だった場合、イオンの方が高いと感じて家電量販店での購入を検討してしまう人は少なくありません。

しかし割引特典を使えば単純計算でイオンのテレビが5%引きの19万円で購入できるわけですから、単純に価格だけで比較せずに割引込みの価格で比較することが大切なのです。

イオンの冷蔵庫はどう?

冷蔵庫も割引対象になります。

イオンの各種パスポートは基本的に家電購入時に5%オフになりますので、個別の家電で「これは大丈夫?」と悩む必要はありません。

冷蔵庫を購入する場合、価格も気にしたいところですが、同じくらい気にしたいのは配送料です。

イオン家電で炊飯器を!

冷蔵庫に対して持ち運びが簡単な家電が炊飯器です。炊飯器も家電なので5%オフの対象商品になります。

炊飯器は小型のため、自分で持ち帰れば特に配送料を気にする必要はありません。

また、家電の中で炊飯器は、イオンが家電量販店と比較して価格が安いところも特徴です。

家電量販店がそこまで力を入れていない商品なのですが、イオンはやっぱりスーパー系ということで食事に直結する炊飯器にはこだわりがあるみたいです。

分割払いをせずに一括で購入するケースも多いため、純粋にイオンの割引価格と家電量販店での価格を比較してみましょう。

お客様感謝デーを狙って家電を割引ゲット!ただし注意点も

イオンで家電をお安く購入したい場合は各種のパスポートを活用する他に、毎月20日・30日の「お客様感謝デー」に購入するという方法があります。

パスポートが自分の都合の良い日に割引日を指定できる方法なら、こちらはお店のカレンダーに合わせるという方法です。

お客様感謝デーは除外商品以外が5%オフになります。

 

ワンデーパスポートなどの特典とは併用できません。

パスポートなどの特典を持っている場合とお客様感謝デーが直近の場合、より自分に都合の良い方法をセレクトするのがいいでしょう。

ちなみに。お客様感謝デーはイオンのカレンダーに定められた5%オフの日なので、非常に店舗が混雑します。

家電を購入するにもライバルの多い日です。

ちょっと目を離した隙にお目当ての家電が品切れになっているということも!

対してパスポートは一定期間の中から自分の好きな日を指定できるため、平日などのあまり混雑しない日を指定することでスムーズに買い物をすることができます。こういったメリットもよく考えたいところ。

トップバリュ家電は分割払い金利手数料無料のキャンペーンを狙え!

家電はお高いもの。特に洗濯機や冷蔵庫は、割引してもらっても痛い出費になることでしょう。

一括払いすることは難しいので、分割払いでこつこつ購入というご家庭もあるのではないでしょうか。

そこで、イオンの割引に加えて、時々開催されている「分割払い金利手数料無料キャンペーン」を狙いましょう。

イオンでは不定期に分割払い手数料を無料にしてくれるキャンペーンが開催されています。

分割払いする場合、家電量販店とイオンで価格を見比べた場合に家電量販店の方が安くても、分割払い手数料込みで計算すると品物の値段としては高かったイオンの方が総合的に安くなったということが少なくありません。

分割払いでの購入を検討している方は、イオンの嬉しいキャンペーンを狙ってさらにお得に買い物をしてはいかがでしょう。

まさに福袋?イオン家電セットは配送料もお得

イオンでは家電の福袋ともいえる「イオン家電セット」があります。

イオン家電セットは「洗濯機+冷蔵庫」などの、新生活に嬉しい内容となっています。

価格も家電それぞれを購入するよりもお安くおさえられているため、卒入学シーズンは嬉しい、まさに福袋のような家電セットです。

基本はイオンのネットスーパーでの申し込みとなり、決済はクレジット払いとなります。税抜3万円以上の買い物で全国配送無料になるところも嬉しいですね。

この家電セットも、イオンで家電をお得に購入する方法の一つなのです。

イオン家電の保証期間は十分?サービスも重要と考える方へ

家電の価格も重要だが、サービスだって大切だと考える方は少なくありません。

例えばA店では500円で販売していた家電を、B店では600円で販売していました。

単純に比較するとA店で購入した方がお得に感じられますが、B店は保証がきちんとしているお店だったらどうでしょう。

安くてもすぐに壊れてしまえば意味がありません。

家電の中でもテレビやエアコン、冷蔵庫などはけっこうなお値段です。

だからこそ、購入する時は保証についてもよくチェックしておきたいところ。

イオンで家電を購入すると、どのような保証がつくのでしょうか。

実質的に無料保証?イオンワイド保証

イオンワイド保証とは、イオンが家電に対して行っている保証サービスの一つです。

テレビや冷蔵庫などの家電をイオンで購入する場合は「イオンワイド保証」で家電の破損や修理に備えることが基本となります。

ただし、ネックなのは保証料が必要になるところです。

保証料は商品金額の5%。「けっこうお高い」という印象かもしれません。

しかし、家電購入時にイオンのキャンペーンや割引特典などを使っていると、その分だけ割引をしてもらっている計算ですから、実質的には「無料保証してもらった」という考え方もできるのではないでしょうか。

イオンワイド保証は家電が修理対象になった時に保証してくれる基本的な保障内容となっています。

しかし、それだけではなく、落雷や火災なども保証してくれ、なおかつ、修理費が保証限度額を上回る場合や修理不可能と判断された場合は見舞金が支払われるという仕組みを取っています。

家電量販店の保証は見舞金が出るタイプのものが少なく、修理したら保証を軽々と金額面で上回ったというケースが少なくありません。

イオンワイド保証は「修理」でも「修理できない」場合でも保証の対象になるという面白いタイプです。

ただし、家電によって保証が使えるかどうか、故障のケースや部位によっては保証対象外になることがあります。

また、保証内容は定期的に見直しが行われるため、実際に加入する際は気になる点を売場係員にきちんと確認しておくことが失敗しないポイントです。加入時によく考えて保証を付けましょう。

イオンではイオンワイド保証つきの価格で家電を販売することもあるため、そういった家電を狙うのも一つの手です。

イオン家電にアウトレットはある?さらなるお得さを求めて

訳アリ商品や時期の過ぎた商品をお安く購入できるアウトレット。

イオンの家電でもアウトレットはあるのでしょうか。

家電量販店では訳アリ品として人気商品なども安く売り出すところがあり、期待が高まります。

もちろん、イオンにもアウトレットはあります。

インターネット上でアウトレット商品を売り出すことがある他、お店ごとに家電価格をぐんと下げてご奉仕することもあります。

安くなるとその分だけ多くの人が購入に踏み切るので買えるかどうかは運ですが、定期的に実店舗やネットでアウトレット品を探してみることもお勧めです。

いらない家電の買取や回収サービスはある?

家電を購入したら、使っていた家電の処分を考えなければいけません。

家に置いておいても場所を取りますし、後で自分が処分するとなると、手間もリサイクル料金もかかります。

家電量販店などでは、家電を購入すると、同じ種類の家電を一つ引き取ってくれる等のサービスがあります。イオンではどうなのでしょう。

まず小型家電ですが、こちらはお店の出入り口付近にリサイクルボックスが設置されていることが多く、このボックスにポスティングすることにより引き取ってもらうことができます。

携帯電話や電子辞書、ゲーム機や電話機、時計、USBメモリなどが対象になります。

お買い物のついでにいらない小型家電を簡単に処分できるのでとても便利です。

 

冷蔵庫やテレビは基本的にボックスに処分することができません。

ボックスに入らない大型家電は購入時に店側に話し、引き取りの段取りを決めることになります。

同じイオンでも家電の扱い状況により対応が異なります。

ご注意ください。

お近くの店舗に問い合わせ、現在の引き取り状況などを確認してから購入するのもいいでしょう。

イオンカードのお得な作り方

無料で作れて、イオンや「まいばすけっと」などを5%オフで利用できるイオンカードは絶対持っていた方が良いカードです。

こちらから作れば、6000円相当のポイントがもらえるので、ぜひ活用してください!

最後に

イオンは食材や生活雑貨のお店だという固定概念に囚われていませんか。

上手くパスポートなどのサービスを活用することで、イオンでは家電もお得に購入可能なのです。

「餅は餅屋」も確かに一理あるのですが、家電だからと家電量販店で即決するのではなく、家電購入先としてイオンを検討してみてはいかがでしょう。

固定概念に囚われないことがお得生活の第一歩と言えるのではないでしょうか。

割引やキャンペーンを上手く活用して購入できる際は、割引後価格と分割手数料込み価格でイオンと家電量販店を比較することがポイントです。

-イオンカードをお得に

Copyright© 節約女子流 , 2018 All Rights Reserved.