お得なカード - 節約女子流ガルル

節約女子流ガルル

*

未分類

イオンをお得に使いこなす裏技!買い物からカード、株主優待まで

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
世の中にポイントカードと呼ばれるカードはたくさん存在しています。

今や各お店がこぞってポイントや電子マネーとして使えるカードを発行しており、財布を開けば足を運ぶお店の分だけポイントカードがぎっしりという方も少なくないことでしょう。

そんな各種のポイントカードの中でも特に知名度の高いカードこそが「イオンカード(WAONカード)」です。

イオン系列店は全国展開しており、ほとんどの方が一度は足を運んだことがあるのではないかというお店です。

全国チェーンとして展開しているということはそれだけ店舗数が多く、地域限定のお店より知っている人が多いわけですから、それだけポイントカードの名称が有名になることも頷けることではないでしょうか。

今回はそんな日本でトップクラスの知名度を誇るポイントカード「イオンカード(WAONカード)」とイオンの知っておきたいお得な使い方について徹底解説します。

全国展開する身近なお店だからこそ知っておきたい情報も合わせてご紹介します!

イオンカードを作る!まずは基礎中の基礎

イオンカードにはいくつかの種類があります。

買い物時に提示するとポイントだけが加算されるタイプ(WAON ポイントカード)と、ポイント加算に加えてお金をチャージして使える電子マネータイプ(電子マネーWAONカード)、そしてクレジットカードと電子マネーがセットになったタイプ(イオンカード)、イオンカードにさらにキャッシュカード機能を追加したタイプ(イオンカードセレクト)などです。

これらはどれを取得しなければいけないという決まりはなく、自分のライフスタイルに合わせてどれにするか決めてOKです。

イオンカードの作り方

手続きはとても簡単で、自分の選んだカードを「もらう」「購入」「申し込む」ことによって手に入れることができます。

もらう

買い物時にポイントのみ加算されるピンク色のカードはイオン系列店で配布されています。自由にもらってすぐに使うことができます。買い物時に「今からポイントを貯めたいな」という時に店員さんに一声かければ用意してもらえ、すぐにその買い物からポイントカードとして使うことができます。

入会費も年会費も無料です。クレジット機能や電子マネー機能が好きではない方や、シンプルな機能だけを使いたいという方はこの買い物時のポイント加算のみのカードを所持することをお勧めします。

なお、このピンク色のカードで貯めたポイントを使うためには登録が必要になります。その点だけは要注意です。

買う

電子マネーとしてお金をチャージして使える水色のカード(ただし地域限定カードなどは違う色柄の場合あり)は、イオンのサービスカウンターなどで購入することができます。

購入後すぐその場で現金をチャージして使うことができます。ピンク色のポイント付与だけのカードは会員登録が必要でしたが、こちらのカードは自動的に会員登録されるため面倒な手続きの必要がありません。

また、イオンと提携を結んでいる系列店でも電子マネーとして活用できるため、よく足を運ぶお店がイオン提携店なら、夕飯の買い物から書籍の購入、服選びまで財布入らずで、すべてこのカード一枚で事足りてしまうことになります。

あまり荷物を持ち歩きたくない方や電子マネーを中心に活用したい方にはお勧めできるカードです。

作る

クレジットカード機能と電子マネーがセットになったイオンカードは、電子マネーとクレジットの決済機能を場によって使い分けたい人にお勧めのカードです。

こちらも自動登録なのでポイントのみのピンク色カードより手続き面で楽ではあるのですが、クレジット機能がついていることからその場ですぐに発行することができず、申し込みをしてからイオンのクレジットカード審査が行われ、審査パスすることによってはじめて発行されます。

クレジット機能と電子マネー機能一体型のカードを希望する人は、まずは申し込みを行いましょう。その際は「申し込んだらすぐその場で発行できない」「発効までにタイムラグがあるから店で作って直後の買い物ですぐには使えない」ということを頭の片隅に置いておきましょう。

キャッシュカード機能付きのイオンカードセレクト

イオンカードの機能にさらにイオン銀行のキャッシュカード機能を付与した「イオンカードセレクト」というタイプもあります。イオンカードセレクトはポイント還元の他に、各種の特典がついていることが特徴のカードです。クレジットカードとキャッシュカードを一体化して財布をすっきりさせたい人やたくさんの特典を得たい人にお勧めのカードです。

イオンのポイントである「WAONポイント」を使う・貯めることは、どのカードを所持していても可能です。また、クレジット機能が付与されたカードの場合は「ときめきポイント」も貯めることができます。

機能の違いをよく考え、自分に合ったカードを選ぶところがポイントをお得に使うためのスタート地点なのです。

イオンの8つのお得な活用法

3種類のカードのうち自分に合ったものを選んで活用する!これがイオンカードの基本的な使い方です。

ただ、前述したようにクレジット機能が付与されていないカードはクレジットカードとしては使えません。

電子マネーの使えないカードでは電子マネーで買い物ができないわけですから、電子マネー払いによるポイントゲットはできません。使い方に幅が出ることにより、ポイント獲得方法が多少異なってきます。

買い物でのポイントゲットには差が出ますが、WAONポイントのゲット方法は何も買い物だけではありません。お得なWAONポイントゲッド法&イオンカードのお得な使い方を8つご紹介します。

ボーナスポイント商品購入でポイントゲット

イオンでは定期的に色々な商品にボーナスポイントがつきます。例えば食品売り場の豚肉を期間内に購入することでポイントが数倍になるなど、特定商品に対するポイント還元がどんとアップするフェアを開催することがあります。

こういったフェアを狙って食材や生活必需品を購入するのも賢い方法です。

200円(税込)で1WAONポイントですから、1,000円分購入すると5ポイントです。

フェアで特定の商品が8倍になっていたら、1ポイントのところを8ポイント、8ポイントのところを40ポイント獲得できる計算になります。お得さが段違いです。

フェアを狙って一気にポイントを稼ぐことができるのです。

イオンのお得な日!20日30日の5%OFFや各種フェア・早期予約を活用

イオンでは毎月20日と30日を「お客さま感謝デー」と定めていて、イオンカードを提示することで一部除外商品を除いて5%オフで買い物ができます。

また、火曜日は「火曜市」が開催され、お店ごとに特売商品を並べたり、ポイントの他に全部貯めることによって割引券として使えるスタンプカードのスタンプを押してくれたりと、お得な曜日になっています。

同じく5日、15日、25日は「お客さまわくわくデー」となっています。この日はWAONポイントが2倍、そしてクレジット決済によるポイント(ときめきポイント)も2倍になるというお得なポイントゲットの日なのです。毎月あるのが嬉しいですね。

また、知っておきたいのが、サービスデー以外にも割引が適用される場合があるということ。

例えばお盆やお正月用のオードブルは早期に申し込みをすることによって割引が適用されるフェアが開催されていることがあります。

使いはじめる季節が決まっているランドセルなども早期に注文することで割引が適用されます。化粧品などは月に1回ないしは2回程度、イオン直営カウンセリング売場で割引セールを開催していることがあります。商品によって割引率は5~30%と異なりますが、お高い化粧品もメーカー小売り希望価格よりもお安く購入可能とあってフェアは大変人気があります。

ランジェリー20%オフの日などもあり、商品やポイントカードの種類、使い方によってはゆめタウンよりもお得になることがあります。お客さま感謝デーやお客さまわくわくデーだけチェックするのではなく、店頭やウェブでの広告を見逃さないようにしましょう。

 

複数作ればバースデーパスポートをたくさんもらえる

イオンカードを持っていれば必ず受けられるわけではありませんが、クレジット決済の利用実績があれば誕生月のうちの一日限りで「食料品と日用品が5%オフ・衣類関係が10%オフ」になる「バースデーパスポート」が送られてくることがあります。

もちろん家族それぞれでカードを別に所持していれば条件を満たした家族分だけバースデーパスポートをもらうことも可能です。家族カードでもバースデーパスポートをもらうことができますので、家族カードを作っておいてもバースデーパスポートをたくさんもらうことができます。

バースデーパスポートの特筆すべきところは、お客さまわくわくデーと併用できるところです。つまり、お客さまわくわくデーにパスポートを使うことによって安く買い物ができる上にポイントもたくさんゲットできるということです。

誕生月のうち自分の好きな日を一日だけ特売日にできるわけですから、狙ってお客様わくわくデーに使ってみてはいかがでしょう。スーツなどの高額衣料品を購入する際も、バースデーパスポートの利用で割引率とポイント還元がばっちりな状態で購入することができます。

アプリ活用により「歩くだけ」でポイント加算!?

WAONポイントを活用したい方には見逃せないアプリが「RenoBody」です。このアプリは無料でダウンロードできる歩数計アプリで、8,000歩につき1WAONポイントが貯まるのです。

普段、家事や買い物をてきぱきこなすお母さんたちは毎日歩きっぱなしです。毎日欠かすことのできない家事や育児、買い物時の一歩がポイントに繋がるのは嬉しいですね。

 

「WAONポイント」と「ときめきポイント」の賢い交換法と貯め方

イオンカードの提示や電子マネーの利用により貯まるポイントは「WAONポイント」ですが、クレジット決済ぶんに関しては「ときめきポイント」というポイントが付与されます。

ときめきポイントはWAONポイントに交換できる他、プレゼントへ交換することも可能です。普段よく電子マネー払いを活用する人は「ときめきポイントをWAONポイントに変換して使うことで食費を浮かせる」なんてこともできてしまいます。

ときめきポイントを賢く貯めるコツは、クレジット機能のあるイオンカードを所持して公共料金の支払いカードに指定することです。税込200円で1ときめきポイント貯まりますので、毎月支払いが発生する公共料金をカード払いしてしまえばどんどんときめきポイントが貯まっていくことになります。

アパートの家賃がカード決済に対応していれば、同じ方法でどんどんポイントを稼ぐことができます。

 

家族や友達とポイントのシェアができるって本当?

WAONポイントは家族や友人とシェアすることができます。家族の場合はサイトで家族を設定し、家族間でポイントを集約することができるのです。

友人同士の場合はWAONのアプリをダウンロードしてQRコードを読み取り、友人間でポイントを送ることができます。家族や友人でポイントをまとめることにより、友人とのランチや家族の誕生日に贈るプレゼントの用意など、幅広い活用ができるのです。

 

イオン内の専門店やイオン銀行をお得に利用することも

イオン内の専門店では買い物時にポイントカードの提示でポイントが付与されたり、イオンカードのクレジット決済でもときめきポイントが付与されたりと、イオンカードのどれかを持っていると何らかのポイント還元が期待できるのがイオンの中にある専門店街です。

しかも、ポイント還元だけではありません。イオンカードを所持していると、カードの種類によってイオンシネマや提携レジャーランド、提携飲食店などでは割引を受けられるといったサービスもあります。ときめきポイントを貯めてイオンシネマや専門店街の飲食店で使えるサービス券と交換することもできます。

 

イオンカードセレクトの場合は、イオン銀行で預金の金利上乗せや一回分の振込手数料相当のWAONポイントプレゼントなどのサービスを受けることができます。

何と、公共料金の支払いでも1件につき5WAONポイントのプレゼントがあります。

オートチャージの手続きをするとWAONにオートチャージされる際にもWAONポイントが加算され、買い物でのポイント付与と合わせてダブルでお得になります。

http://www.aeonbank.co.jp/waon/charge/#anch-03

最初の方でもお話しましたが、同じイオンのカードでも券種でポイント還元や特典に差が出ますので、作る時はよく考えて作ってください。

 

福袋が意外な狙い目!イオンモール

イオンといえば食材や日用品を売っているお店という印象があるかもしれません。

しかしイオンモールには服飾店や飲食店がたくさん入っていることも多く、「好きなブランドのお店によく足を運ぶけれど考えてみればイオンの店舗内だった」ということが少なくありません。

このようにイオンには色々なお店が入っているため、初売りではたくさんのお店の福袋を一気にゲットでき効率が良いです。

服飾店や飲食店などの福袋には商品だけでなくそれぞれのお店によって割引券も入っているため、一定額で高リターンを得られる大チャンスでもあります。

しかも、イオンは年末年始にバーゲンを開催しており、合わせてキャンペーンなども行われることが多いのです。キャンペーンの内容としては、一定期間の購入価格の数倍程度の商品券が当たるといったものです。

店によって内容が異なることもありますが、福袋を五月雨的に狙いやすく、しかも購入金額に応じて商品券などでリターンがあるわけですから、個別の店舗で購入するよりもイオン内にある店舗で購入する場合の方が総合的にお得になる可能性が高いといえます。

もちろんイオンにある専門店街ですから、ときめきポイントやWAONポイントの還元もあります。

イオンの株主優待を活用してさらにお得!

イオンをお得に使いこなすために忘れてはいけないのがイオンの株主優待である「オーナーズカード」です。

ポイントをゲットすることと株主優待をセットで使うことが、イオンのお得度をさらに高めてくれるのです。

忘れてはいけないイオンの株主優待!オーナーズカード

イオンのお得マスターになるためには、株主優待のオーナーズカードは持っておきたい必須アイテムなのです。

オーナーズカードはイオンの株を100株以上所持し、権利確定日に株主名簿に名前が記載されていた株主に対する特典です。

「権利確定日?」と首を傾げるかもしれません。

簡単に説明しましょう。

株を購入してすぐにオーナーズカードが発行されるわけではなく、イオンが定めた特定の日に株主だった人に対してこのオーナーズカードが発行されるのです。

イオンでは8月末と2月末が権利確定日になっていますので、それまでに株を購入し直近の権利確定日までイオンの株を100株以上所持する必要があります。

多くの株主優待はこのように各社で定めた権利確定日まで所持してはじめて株主優待が受けられます。

オーナーズカードを所持していると、所持する株数に応じて買い物額から返金が受けられます。

100~499株で3%

500~999株で4%

1000~2999株で5%

3000株以上で7%

となります。

買い物額にこのパーセンテージを乗じた金額を半年ごとに返金してもらうことができるのです。買い物時点でWAONポイントは加算されていますので、ポイントを受け取りつつ後日買い物金額の中から一部を返金してもらえるという嬉しい特典がイオン株の株主優待なのです。

もちろん、5%割引などのサービスデーには割引サービスも一緒に受けることができます。いかがでしょう。イオンでよく買い物をする方にとってはとてもお得だと思いませんか?

また、所持株数によっては、長期保有でイオンの金券ももらうことができるというダブルのお得さがあります。

年数に関係なく配当金も受け取れるため、イオンを上手く活用するためには是非ともイオンカードとセットで株主優待である「オーナーズカード」を使いたいところです。

 

株主になれば株主総会のお土産もお得!

株主になると株主総会への参加が可能です。

イオンの場合、株主総会に参加するとお土産をくれるという特徴があります。2017年までの株主総会ではイオンで使える商品券やイオンのオリジナルブランドの商品、飲食券や映画優待券などがお土産として渡されているようです。

株主総会の案内に「お土産などはございません」という記載があっても、フェイントでお土産をくれることもあるようで、イオンをお得に活用したい人は株主総会にも注目しておきましょう。

最後に

イオンカードの種類と作り方などの基本事項、そしてイオンカードを使ってのお得なポイントゲット方法についてお話しました。全国展開しているポイントカードだけあり、イオンカードは提携店も多くポイントゲット方法も多様です。

ポイントを獲得しやすいカードといえるでしょう。

しかし、ポイントを獲得するだけでは意味がありません。

貯めたポイントは使ってこそ意味があります。

しかもWAONポイントは一定期間で失効します。どれだけのポイントがいつ失効するかはレシートなどで確認可能です。ポイントをたくさん貯めても失効しては意味がありません。

貯めたWAONポイントは「ポイントで支払い」「ときめきポイントや電子マネーに交換」「アイテムやサービスと交換」できるので、失効する前に使ってしまいましょう。

WAONポイントやときめきポイントは使った段階で真のお得さが発揮されます。貯めておくだけでは駄目です。

多くのポイントサービスに共通して言えることですが、失効してがっかりしないためにも、ポイントが失効する期限には目を光らせ、効率的に使っていきましょう。ポイントを上手く使いこなすことこそ、生活の中のお得さをぐんとアップさせる秘訣なのです。

-未分類

Copyright© 節約女子流ガルル , 2017 AllRights Reserved.