年会費無料クレジットカード - 節約女子流

節約女子流

amazonの裏技活用

Amazonへクレジットカード情報を登録しても安全?危険性を排除しよう

投稿日:

Amazonで買い物する人はほとんどの人がクレジットカードを利用しているでしょう。

もしかしたら、一部の人はクレジットカードを利用していない人もいるかも知れません「関連記事:Amazonでクレジットカードは持ってないけど買い物できる?プライム会員も可!」がほとんどの人はクレジットカードを使っているはずです。

Amazonであらかじめクレジットカード情報の登録をしていても安全なのか、Amazonを安全に利用するためのコツを解説していきます。

Amazon利用で身に覚えのない請求って噂がある

世界的に有名な通販サイトAmazonは、低価格で欲しい商品をすぐに配達してもらえることなどから、多くの人に利用されていますよね。

 

しかし、まれにAmazonで身の覚えのない請求がきた、知らない間に大量の注文をされていた、という話を耳にすることがあります。

これらの被害の多くは「アカウント乗っ取り」被害だと思われます。

しかし、アカウントが乗っ取られただけで、なぜ注文されて支払い処理も終わり、請求までいくのかと疑問に思う人もいるでしょう。

実はAmazonのアカウントは、スピーディーに会計が済むように事前にクレジットカード番号を登録できるようになっています。

そのため、アカウントを乗っ取られてしまうと、そのままクレジットカードで支払いを済ませてしまうことも可能なのです。

基本的にamazonのセキュリティはレベルが高い

Amazon利用で不正請求をされたという人は、それほど多くはありませんが現実的に存在します。

アカウント乗っ取りなどがおこるということは、Amazonのセキュリティが低いのかというとそういうわけでもありません。

というのも、アカウントが乗っ取られた理由はAmazonからの情報漏えいだけでなく、他のサイトで同じIDやパスワードを利用しているという場合も考えられるからです。

他サイトの情報が漏れたことで、Amazonでもログインできたというケースです。

また、Amazonではこのような不正使用者を常に監視しているため、Amazon会員が気付く前に不正使用を発見して通知してくれる場合もあります。

さらに、不正使用だと認められた場合は、もちろん請求されることもありません

Amazonでは、このような不正使用による被害が発生した場合でも比較的早く対応してもらえるため、万が一被害にあった場合はすぐにAmazonに報告するようにしましょう。

マーケットプレイスを利用しても情報は外部に漏れない

Amazonで購入できる商品は、すべてAmazonが直接販売しているわけではなく、Amazon以外の外部の出品者が販売している商品もあります。

Amazon以外の出品者が販売を行っている商品の売り場は「Amazonマーケットプレイス」と呼ばれていて、Amazonが直接販売していないレアな商品や中古品などが購入できる場合もあります。

ただし、マーケットプレイスを利用するとAmazonからではなく外部の出品者からの購入となるため、不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

特に不安なのが、クレジットカードで購入した場合です。Amazonにクレジットカード番号が知られるのは仕方がないことだとしても、外部の出品者にカード番号が漏れるのは嫌だという人もいるでしょう。

そのため、Amazonではマーケットプレイスの出品者に購入者のクレジットカード番号が漏れないように購入することができます。

ただし、住所と名前、電話番号については出品者が発送するために必要なことから、出品者に情報が渡ってしまいます。

どうしても住所や名前も外部に漏らしたくないという場合は、マーケットプレイスではなくAmazonの販売分だけを慎重に選ぶようにしましょう。

もしamazonからクレカ情報が漏れるとしたら・・・

Amazonを通常利用している分には、情報が漏れることはそう多くは無いでしょう。しかし、日常のなにげない行動が危険にさらされる原因となることがあります。

どのような行動が危険なのか確認していきましょう。

カフェなどで離席すると危ない

カフェなどでパソコンをする人をよく見かけるようになりましたが、オープンな場所で使用できる一般的なカフェと違って危険性が高いのは、個室で利用できるネットカフェです。

ネットカフェでは自分のパソコンではなく店舗に設置されているパソコンを利用するため、セキュリティに問題があることが多く、実際にトラブルが起きています。

特にネットカフェでは漫画が読めることもあって離席をすることも多く、離席をしている間にAmazonなどログイン中のアカウントの情報を盗み見られる可能性があります。

また、最近ではネットカフェでキーボードの入力履歴を記録するソフトを利用して他人のID・パスワードを盗みネットバンキングにアクセスするという事件も起こっています。

ネットカフェはプライベートな空間を守って快適に過ごせる一方、セキュリティ面での心配も多いです。

そのため、ネットカフェのパソコンでAmazonにアクセスして商品を購入した場合は必ずログアウトをしておく、履歴を削除する、ID、パスワードの痕跡を消す(オートコンプリートの設定でフォームのクリアなど)など必ず徹底するようにしましょう。

フリーWi-Fiはパスワードが漏れる

海外では主要都市ならどこでもフリーWi-Fiが利用できるという時代に、ようやく日本でも駅構内やカフェなどにフリーWi-Fiが設置されるようになりました。

フリーWi-Fiはその名の通り、無料でWi-Fiが使えるという便利なものですが、やはり公衆で誰でも利用できるものには危険性も高くなります。

特に「暗号キー」が設定されていないフリーWi-Fiスポットは避けることをおすすめします。

暗号化されていないということは、誰でも通信を傍受できるということです。

その状態でAmazonなどにアクセスするとアカウント情報を盗まれてしまいます。

また、暗号キーが設定されていたとしても、不特定多数がアクセスする公衆Wi-Fiなのですからその手のプロにかかれば特殊な方法で情報を盗むことあります。

フリーWi-Fiはとても便利ですが、もし利用する場合はAmazonなど支払いが発生するサイトや銀行などでアカウント情報が漏れるとまずいサイトにアクセスすることはやめておきましょう

自分のパソコンがウイルスに感染

自分でも気付かない間にパソコンがウイルスに感染していることもあります。

もし、スパイウェアがパソコンに侵入していた場合は、キーボードに入力された内容を記録することでIDやパスワードなどのアカウント情報が盗まれたり、最悪の場合は遠隔操作ウイルスによってパソコンが乗っ取られた状態になることもあります。

これらのウイルス感染には気付かないことが多いため、被害が大きくなりやすいという怖さがあります。

パソコンには必ずセキュリティソフトを入れること、また怪しいサイトや怪しいメールのURLには簡単にアクセスしないことをおすすめします。

 

クレジットカードの支払い内容は毎月チェックしよう

もしAmazonのアカウントが知らない間に乗っ取られた状態になった場合、犯人は必ずばれないうちにと大量の商品を注文して逃げるというバターンが多いようです。

大量注文など、あきらかに怪しい買物のしかたをしている場合はAmazon側でも監視していて会員に確認の連絡をくれる場合もあります。

しかし、すべての不正アクセスを察知できるわけではないと思われますので、自分自身でも気をつけておく必要があります。

特に、アカウントに不正侵入されて大量注文されてしまった場合は、クレジットカードなどの次月の請求額を確認すればすぐに分かります。
もし確認しないまま放置していると、さらに被害が拡大する恐れがあるため、毎月の請求額の確認は必ずしておくようにしましょう。

まとめ

Amazonは画面がみやすく、注文後にすぐに届くなど使いやすい反面、クレジットカードを事前に登録しておくことに不安を感じる人も少なくありません。

たいていの場合は安心して利用できるのですが、ネットカフェなどで情報を盗まれてしまった場合は、アカウントが乗っ取られてしまう危険性もあります。

Amazonのアカウント情報を守るためには、他のサイトと同じIDやパスワードを利用しないこと、またネットカフェやフリーWi-Fiの環境下ではAmazonを利用しないことをおすすめします。

関連記事:Amazonゴールドカードの実質年会費が420円?オリコカード・ザ・ポイントやリーダーズカードと比較

-amazonの裏技活用

Copyright© 節約女子流 , 2018 All Rights Reserved.