年会費無料クレジットカード - 節約女子流

節約女子流

amazonの裏技活用

Amazonでクレジットカードは持ってないけど買い物できる?プライム会員も可!

更新日:

ネット上の調査によると、日本のネット通販では「Amazon」と「楽天」が人気と利用者を二分しているというデータがあります。

アマゾンは商品数も非常に豊富で、新品だけでなく、なかなかお店で購入できない中古品なども購入できるところが魅力的です。

その品ぞろえの豊富さは「アマゾンで見つからないなら、他通販サイトで見つかるはずがない」と言われるほどです。

 

アマゾンはクレカ払いが基本という印象があります。

アマゾンでの買い物では現金払いできないのでしょうか。アマゾンでの「現金払い」を徹底解説します。

 

ネット通販はクレカ決済率高!しかし現金払いニーズも

ネット通販でクレジット決済がよく使われているからといって、全ての人がクレジット決済を望むわけではありません。

「引き落とし日まで支払いを待つより、現金で品物と同時に払ってしまいたい」

「お財布の中や口座の金額を調整したい」

「現金払いの方が気分的にすっきりする」

「クレジットカードを普段からあまり使わない」

「クレジットカードはスマフォの支払いなど特定の用途にだけ支払いたい」

「ネット通販でクレジットカード決済をするのが不安」

「クレカの使い方がよくわからない」

「現金払いの方が家計簿をつけやすい」

「そもそもクレカを持たない主義」

などなど、クレジットカード決済をしないお客さんも少なくありません。

 

「クレジットカード決済をしたいからクレジットカード対応のネット通販サイトを使う」という方と同じくらい、「現金払いしたいから、現金払いに対応してくれるネット通販サイトを使いたい」という方がいます。

クレジットカード決済が普及した今でも、ネット通販で現金払いしたいというニーズは高いものなのです。

むしろ、現金払いやクレカ決済など、多様な決済方法に対応してくれるサイトこそ、優良通販サイトと言えるのではないでしょうか。

 

人気通販サイトであるアマゾンにも、「現金払い」で品物を購入する方法があります。

 

 

Amazonでは現金払いできないの?アマゾンで使える

アマゾンにはいくつもの支払い方法があります。この支払方法の多さも、アマゾンが通販サイトとして人気がある理由の1つになっています。

アマゾンの支払い方法はいつ選択するの?基本的にアマゾンでは、注文時に次の中から好きな支払い方法を選ぶことになります。

支払に番号などが必要な支払い方法は、注文後に別途番号が発行されることになっています。

ATM払いやコンビニ払い、ネットバンキング払いなどは、別途自分で必要な支払い手続きをすることになります。

 

クレジットカード払い

アマゾンではクレジットカード決済を利用することができます。

アマゾンでもクレジットカードを発行していますが、支払はアマゾン発行のクレカである必要はありません。

JCB、VISA、master card などなど、国際ブランドのロゴがついているクレカであれば、ほぼ使うことができます。

 

アマゾンでクレジットカード決済をするメリットは、カードごとのポイントが貯まることと、一度カードを登録すると、すぐにカード決済で買い物ができてしまうところです。

物凄く買い物が楽になります。手数料もゼロ円です。

ギフト券やポイントでの支払い

アマゾンのギフト券やポイントが貯まっていれば、支払に使うことができます。

例えば、1,200円の商品代でギフト券が500円分ある場合にギフト券を利用すれば、ギフト券分の金額が引かれて700円の支払いとなります。ポイントも同じような扱いです。

 

また、アマゾンでは提携しているカード会社などのポイントを利用して支払うこともできます。

例えば、アマゾンはJCBと提携していますので、JCBのカード決済で貯まったポイントを支払いに使うことができます。

 

手数料はありません。

ギフト券やポイントが潤沢にあれば、現金なしで買い物をすることも可能です。

ただし、ギフトカードなどは、ギフトカードの番号を入力するなど多少の手間がかかります。

電子マネーによる支払い

 

アマゾンでは電子マネーでの支払いが可能です。

ただし、全ての電子マネーを利用できるわけではなく、2018年4月17日現在は下記4つの電子マネーを利用可能です。

 

・楽天Edy(Edyカード、Edyアプリ利用おサイフケータイに対応)

・Suica(Suicaインターネットサービス、モバイルSuicaに対応)

・iD(FeliCa搭載のおサイフケータイからのお支払いのみ対応)

・JCB PREMO

参照 : https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202107340

 

電子マネー払いでは、手数料はかかりません。

ただし、複数の電子マネーを組み合わせたり、他の支払い方法と組み合わせたりして支払うことはできません。

デビットカード払い

アマゾンでは、デビットカードでの支払いが可能です。

ただし全てのデビットカードで支払いができるわけではなく、J-Debitなどは使うことができません。

銀聯カードも、一部の支払いに対しては対応外となります。また、複数のデビットカードで分割して支払うことはできません。

関連記事:デビットカードとは?審査なしで誰でもお得に使えるのがメリット

プリペイドカード払い

アマゾンではプリペイドカード払いを選択することができます。

使うことのできるプリペイドカードは、Visa プリペイドカード、Vプリカ、au WALLETプリペイドカードなどです。

プリペイドカードはクレジットカードを作れない人でも利用できますし、このサイトのテーマでもある年会費無料カードが多いので、興味がある人は「プリペイドカードの比較ランキング。還元率や年会費無料に注目しておすすめは?」を参考にしてみてください。

ATMで支払い

一部の金融機関ATM(金融機関のPay-easy(ペイジー)ロゴがあるATM)で支払いすることができます。

商品を購入した時にメールで支払い用の番号が送られてきますので、その番号を使ってATM払いをします。支払の際には金融機関ごとの手数料が必要になります。

注意が必要です。

インターネットバンキングによる支払い

アマゾンでは、インターネットバンキングにより決済が可能です。

インターネットバンキングとは、家のネット回線などを通じて決済できる金融機関の決済・振込サービスのことです。

ATM払いは直接ATMまで足を運ばなければいけませんが、インターネットバンキングは自宅のPCで支払いできるというメリットがあります。

ただし、インターネットバンキングでは金融機関所定の手数料が必要になります。

 

ただし、2018年4月18日現在、インターネットバンキングによるアマゾンへの支払いは、一部の金融機関を除いて停止されている状況です。使うことのできる金融機関は下記の3行になります。

 

・ジャパンネット銀行

・じぶん銀行

・住信SBIネット銀行

 

 

金融機関がかなり限られています。ご注意ください。

現金払い(コンビニ払い・代金引換)

現金で支払う場合、「コンビニ払い」と「代金引換」の2つの方法から選択します。

アマゾンに直接現金を支払うのではなく、コンビニまたは配送業者を通じて現金を支払います。

 

コンビニ払いは、買い物後に発行される番号をコンビニの端末に打ち込み、コンビニ用の支払票を発行してすぐにレジで現金払いをする方法です。対応しているコンビニは次のコンビニです。

 

・セブン-イレブン

・ローソン、ミニストップ

・ファミリーマート

・サークルKサンクス

・デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストア

・セイコーマート

・ローソン・スリーエフ

 

代金引換は、品物を届けにきた配送業者に対し、荷物と引き換えに現金払いする方法です。

アマゾンで現金払いをしたい場合は、この2つの方法を選ぶことによって現金決済ができます。

 

代金引換を選択すると、手数料が324円(税込)発生します。コンビニ払いは手数料なしで利用することができます。

 

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201998130

アマゾンでできない支払い方法はある?

アマゾンでは、振込用紙による支払い方法を選択することはできません。

振込用紙による支払いとは、商品に振込用紙(振込票)を同梱してもらい、コンビニや郵便局で振込用紙を使って払い込むことです。

 

例えば、ある美容品を扱っているネットショップからクリームを購入したとします。

振込用紙による支払いを選択すると、商品の箱に支払い用の振込用紙が同梱されます。商品到着後に同梱の振込用紙を使って支払いをする方法です。

インターネット通販ではよく行われている支払い方法ですが、アマゾンでこの支払方法は扱っていません。

 

アマゾン提携ショップの支払い方法はアマゾンと違うの?

アマゾンでは、アマゾンが販売する商品と、提携ショップが販売する商品があります。

提携ショップの支払いも、コンビニ払いや代金引換などを利用することができます。

商品はクレカ、ギフト券、ショッピングカードでしか買えないというわけではありません。

 

ただし、お店によって選択できる支払い方法が異なるケースがあります。

基本的に、大口の提携ショップは代引きやコンビニ決済を利用することができますが、規模の小さなショップの場合は利用できない場合があります。現金払いを希望する方は注意が必要です。

 

アマゾンFBAの商品はコンビニ払いや電子マネー、代引きが利用できる

基本は「提携ショップの支払いもアマゾンが販売する商品の決済と変わらない」「ただ、提携ショップによっては代引きやコンビニ払いを利用することができない場合がある」と覚えておくといいでしょう。

 

代引きやコンビニ払いが利用できるお店(商品)には「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます」などの記載があります。

コンビニや代引きなどによって現金で支払いたいという方は、こうした記載があるかチェックしてみてください。

 

Amazonプライムはクレカ必須?デビットカードやプリペイドカード払いも

アマゾンプライムは無料登録時からクレジットカード情報が必要になります。

基本はクレジットカードありきのサービスですので、プライムを利用したい場合はクレジットカードを作ってしまうのも1つの方法です。

しかし、プライムでクレジットカード払い以外の方法が使えないわけではありません。

 

アマゾンプライムでは、一部のデビットカードやプリペイドカードを支払いに利用することができます。

 

アマゾンプライムの中でも学生を対象にしたサービスである「Prime Student」では、デビットカードやau WALLETプリペイドカードなどのプリペイドカードを支払いに利用することができます。

学生向けのサービスのため、自分用のクレジットカードをなかなか作成できないだろうということから、デビットカードやプリペイドカードでの支払いが可能になっています。

ただし、全てのデビットカードやプリペイドカードを利用できるわけではありません。

 

利用できるのは

デビットカードの場合:Visaデビットカード

プリペイドカードの場合:au WALLETプリペイドカード

となっています。

ただ、裏技的に「楽天銀行デビットカードやJNBVisaデビットも登録できるといううわさもあります。

ただ、アマゾン公式が否定している話なので、認められているVisaデビットカードまたはau WALLETプリペイドカードを利用するのが良いと思います。

 

 

まとめ

ネット上にはたくさんの通販サイトがある中、アマゾンは知名度が高く品ぞろえも豊富な優良通販サイトとして知られています。

利用者が多いからこそ、支払方法に求められる多様性もかなりのものです。

お客さんが多いということは、それだけ「お金への考え方」や「生活における利便性」「事情」が異なるということです。

アマゾンではたくさんの支払い方法を用意しています。

事情に合わせてばっちり支払い方法を選ぶことができます。

 

支払い方法の中には、現金派にも嬉しい「コンビニ払い」や「代金引換」もあります。自分に合った支払い方法を選択して、アマゾンでの買い物を、より便利に活用してくださいね。

-amazonの裏技活用

Copyright© 節約女子流 , 2018 All Rights Reserved.