年会費無料クレジットカード - 節約女子流

節約女子流

*

「ドラッグストアで節約」 一覧

ドラッグストアといえば日常でお世話になる頻度がかなり高い場所ですよね。

やはり消耗品を購入することが多い場所ですので定期的に通わなければならないと思います。それだけに自分が気付かないうちに細かく出費していて、実はまとめて計算してみると結構な金額を使っていたりします。

このカテゴリーでは、そんなドラッグストアーのお得な利用法について、説明します。

 

ドラッグストアでは、薬だけではなく化粧品、日常消耗品から食品まで数多くの品を取り扱っています。

スーパーで買うよりも安いからと利用している方も多いでしょう、私もその一人です。しかし更にお得に使うコツがあります。ポイントの多重取りです。聞いたことがあっても躊躇している人がいたらもったいない!

一つ一つのポイントは少ないからと思っていても、積み重ねで年間では結構な額になります。

ポイント制度を実施しているドラッグストアはとても多く、複数店舗のポイントカードを持っている方もいるでしょう。

しかし何も考えずに購入していては大損です。多くのドラッグストアでは、ポイント2~10倍のサービスデーが設定されています。カードを作る際に聞いてみたり、店内の張り紙にはしっかりと目を通し、カレンダーにでもチェックしておきましょう。特定の日にまとめ買いすることで、ポイントの貯まり方が目に見えて加速します。

利用可能な電子マネーがあれば、そちらも活用しましょう。電子マネーにもポイントがつくので、その分お得になります。地域交通機関独自の電子マネーと提携しているお店もあるので、地域限定のチェーン店などでは得にチェックが必要です。そして電子マネーをチャージする際、利用可能なクレジットカードがあればより良いでしょう。

クレジットカードには、チャージでも1%近く還元できるものもあります。まずは自分の持っているクレジットカードの還元率を調べて見ましょう。ここで重要なのは、ドラッグストア独自のクレジットカードもあることです。その分ポイントの還元率は高く、チャージ機能までついているのがあれば申し分ありません。日用品を買うのが決まっている店舗ならば、

これでポイントカード、電子マネー、クレジットカードにそれぞれポイントが溜まります。同じ額を現金で購入するのと比べて、随分とお得度が違います。一つ一つのポイントは少ないからと思っていても、積み重ねで結構な額になります。

そのほかにも地域紙に割引券が掲載されている場合や、子どもがいる家庭には地域で割引カードが配布されているかもしれないので、こまめにチェックしておくことをおすすめします。

もちろんドラッグストアごとに商品の底値は違いますので、よく買う商品だけでも把握しておくことが一番大事です。今後はセルフメディケーション制度も始まり、更にドラッグストアでの買い物がお得になりますね。

確定申告に使うことがあるかもしれないので、レシートも取っておきましょう。ポイントがどんどん溜まるのは、とても達成感があります。ぜひ試してみてください。

カテゴリ一覧

no image

LUCkY・CITYのお得な支払方法

札幌市を中心にLUCkY・CITYは34店舗展開している地元スーパーです。 HPには「日本一質の高いスーパーマーケットをめざします」とあります。そんな自信たっぷりにわたし達の食生活を支えてくれている北 ...

Copyright© 節約女子流 , 2017 AllRights Reserved.