年会費無料クレジットカード - 節約女子流

節約女子流

*

大学生向けクレジットカード

海外旅行・留学したい大学生向けのおすすめクレジットカード

投稿日:

大学生になると格段に行動の自由度が上がり、海外旅行や留学を希望している人も多いでしょう。

でも、海外は日本ほど現金決済が多いわけではなく、クレジットカードは必須です。

この記事ではクレジットカードが必要な理由から、海外で学生が利用する前提で無料で使えておすすめのクレジットカードをご紹介します。

このサイトは年会費無料のクレジットカードを推奨していますが、学生の海外利用目的でも無料で十分行けますよ。

海外へ行くならクレジットカードは必須

現金は使いにくい

やむを得ない事情でクレジットカードを持てない限り、海外旅行に出かけるならクレジットカードは必須です。

 

たとえば、現地通貨が必要となったとき、トラベラーズチェックや日本円で現地通貨に交換するとき、高額な手数料が取られる場合があります。

クレジットカードを持っていれば、どうしても現地通貨が必要となったときは、キャッシング機能で現金を引き出し、日本に帰国後精算するという方法があります。

キャッシングの手数料より現金から現金への交換手数料の方が高いのです。

 

さらに、慣れない現地通貨なので、支払やお釣りの間違いが起こりやすくなります。店員に故意にごまかされたり、ひどい場合には両替商にごまかされたりする場合もあります。

 

偽札が出回っていて、現金での支払いを拒否される場合もあります。また、現金の一番の欠点として、盗まれても保険が効かず戻ってこない、という点が挙げられます。

クレジットカードは信頼性を高める

クレジットカードはそのまま、「信用カード」ってことなので、信用力がない人は持つことができません。

多くの国では、海外留学・旅行は富裕層の行動なので、現地の人はあなたのことをお金を持っている人、として見てきます。

なのにクレジットカードを持っていなかったら、途端にあなたは「あやしい外国人」になり下がります。

クレジットカードは信頼の証なのでこれが無ければ、「信用できない外国人」「犯罪者予備軍」って見られる可能性があるのです。

英語が話せなくてもクレカがあれば大丈夫

クレジットカードがあれば、ほとんどのショッピングが可能です。

多額の現金を持ち歩かずに済み、万が一盗まれて悪用されても保険で補償されます。

海外でのレストランやレンタカーを利用する場合、原則クレジットカード払いになっており、カードを提示すれば利用することができます。

 

英語や現地の言葉を話せなくても、クレジットカードがお互いの共通言語としての役割を果たしてくれるのです。

トラブルになったときでも、クレジットカードの現地ヘルプデスクが利用できる場合もあります。たとえば、オリコトラベルデスク、ハローデスク、JCBプラザ等です。

 

国際ブランドはJCB以外を用意しよう

JCBは日本発の国際ブランドでVISAやMasterCardに比べて利用できる国、加盟店が少ないのが欠点です。

アメックスと提携しているので、アメックスの加盟店でも利用できるのですが、店員が理解できておらず支払ができないケースもあります。

 

海外に出かけるときはVISAやMasterCardを持って行った方が無難です。

 

海外旅行・留学向けクレジットカードの選び方

ここからは、海外でおすすめの大学生向けカードをご紹介します。

おすすめ理由を理解して良いカードを選んでください。

海外は医療費が高いので、けが・病気は本当に怖い

海外で病気やケガで治療を受けると高額な治療費を請求される場合があります。

例えば、アメリカでは初診料だけで18,000円程度、個室に入院したら1日270,000円、盲腸で手術すると300万円程度です。

 

よって、無料で海外旅行保険が付帯しているクレジットカードが安心なのです。

できれば自動付帯が良い

無料で海外旅行保険が付帯されるクレジットカードは多いですが、自動付帯が望ましいです。

自動付帯とは、そのクレジットカードで海外旅行の料金を支払っていなくても、自動的に保険が適用される場合です。

 

対して、利用付帯とは、海外旅行の料金の一部や全部を支払った場合のみ保険が適用されるのです。

 

よって自動付帯は海外旅行に必ず付帯されるのでお得なのです。

「治療費用」と「携行品損害」、「キャッシュレス診療」が大事

医療費への対応でクレジットカードを評価する場合のポイントをご紹介します。

治療費用

先ほども述べたように、海外旅行では高額の治療費が請求されることは珍しいことではありません。

数百万円請求されるのもあるのです。

よって、旅行の前にその国の医療費を前もって調べておく必要があります。

クレジットカードの傷害補償や疾病補償はスタンダードカードの場合、100万円〜300万円程度なので、足りないと判断した場合には追加で海外旅行保険に加入する必要があります。

 

なお、複数のクレジットカードの海外旅行保険は合算できます。

例えば共に自動付帯のA社300万円補償とB社200万円補償があれば、500万円まで補償されるので、各クレジットカードの規約を旅行前に確認することをおすすめします。

 

携行品損害

携行品損害とは自分の持ち物が海外旅行中に盗まれたり壊れたりした場合の保険です。

20万円程度のカードがほとんどです。

治療補償と同じように、複数のカードで合算できます。しかしながら、あまり高額なものは持っていかないのが基本です、

 

キャッシュレス診察

キャッシュレス診察とは、病院に電話をするだけで受診でき、支払の手続きがいらない仕組みです。

治療補償が付帯されていても、キャッシュレス診察でないと、いったん病院に治療費を支払って、後日クレジットカード会社に請求するという手続きが必要になります。

 

カードの枠が足りない場合、現地で治療費が支払えず、診察を拒否される場合もあります。また、診断書、領収書等が必要になるので、現地の言葉を話せないと手続きが難しくなります。

 

キャッシュレス診察に対応しているかは非常に重要なポイントです。

 

キャッシュレス診察可のカード例)

  • 三井住友VISAカード
  • JCBカード
  • エポスカード
  • セゾンカード
  • 楽天カード

キャッシュレス診察不可のカード例)

  • オリコカード
  • ビューカード
  • ANAカード
  • dカード
  • ゴールド以下のアメックスカード

適用期間に注意

保険期間は自宅を出てから旅行に行き、帰宅するまでです。

ほとんどのカードは90日までなので、留学目的には不十分な場合があります。その場合、追加で海外旅行保険に加入する必要があります。

 

自動付帯のカードのほかに利用付帯のカードを用意し、自動付帯の保険期間が切れる直前に利用付帯のカードを利用して保険期間を延ばす方法もあります。しかしながらカードによってはこの方法が使えない場合があるので、利用規約を確認するか、コールセンターに問い合わせる必要があります。

 

無料・または低額で海外旅行傷害保険が付いてくるカードはある?

海外で使えば5%キャッシュバックの学生専用ライフカード

年会費は無料です。

特徴として、海外で利用すれば銀行口座に5%のキャッシュバックが自動的に行われることです。

海外旅行保険は自動付帯ですが、卒業等で学生の身分を失えば海外旅行保険は付帯されません。海外旅行が趣味の方に是非おすすめしたい1枚です。

 

補償内容 最高保険金額
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
救援者費用等 200万円
個人賠償責任危険 2,000万円(免責金額なし)
携行品損害 20万円(免責金額3,000円)

 

年会費無料でアメックスが持てるセゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード

自動付帯の海外旅行保険の他、空港からの手荷物無料宅配サービスがあります。海外旅行保険の内容は学生専用ライフカードより手厚くなっています。アメックスのステイタスを年会費無料で持ちたいならおすすめの1枚です。

補償内容 最高保険金額
傷害死亡・後遺障害 3,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
救援者費用等 200万円
個人賠償責任危険 3,000万円(免責金額1,000円)
携行品損害 30万円(免責金額なし)

関連記事

【知らなきゃ損】大学生におすすめの年会費無料クレジットカード

大学生でもクレジットカードは作れる?無収入でも審査に通るのか?

-大学生向けクレジットカード

Copyright© 節約女子流 , 2017 AllRights Reserved.