年会費無料クレジットカード - 節約女子流

節約女子流

*

大学生向けクレジットカード

大学生でもクレジットカードは作れる?無収入でも審査に通るのか?

更新日:

制限はありますが、大学生でもクレジットカードを作れますし、当然審査に通ります。

ただ、全ての学生が審査に通るわけではないので、クレジットカードを上手く作る方法を見ていきましょう。

 

大学生でも審査に通る

大学生でもクレジットカードの申し込みができます。申し込みするときには、必要事項を記入する必要があり、そこからクレジット会社は発行する判断材料にしています。

必要事項の中には収入欄もありますが、大学生の場合は無収入でも審査をクリアできるクレジットカードが多くあります。

クレジットカードにはさまざまなジャンルのものがありますが、流通系のクレジットカードや学生専用のクレジットカードへ申し込みすれば、審査をクリアしやすくなります。

収入は無くて当たり前、大丈夫

大学生になったからにはクレジットカードの1枚も持ちたいものです。

しかし、アルバイトをしていない、あるいはアルバイトをしていても少ししか収入がないからクレジットカードは無理かも、と思う方もいるかもしれません。断言しますが、それは誤解です。

学生だからこそクレジットカードの審査に通りやすいのです。

 

カード会社は大学生に収入が無い、あるいは少ないとわかっていても、どうしても大学生にカードを作ってもらいたいのです。

理由は、クレジットカードというのは一旦そのカードを使えばずっと使い続けてくれるからです。学生時代に作ったカードを就職してからも使ってほしい、つまり青田買いです。

さらには万が一の場合には親が払ってくれるという安心感があります。

 

よって、審査については全く心配する必要はありません。両親がブラックリストに入っているなどの特殊な状況でないかぎり審査は通ります。

未成年だと審査落ちしやすい?

親が払ってくれる、と書きましたが、それには法的根拠もあります。

未成年がクレジットカードを作る際には親権者(親)の同意が必要で、同意したということは、保証人になったということになるからです。親の信用でカードを作るのですから、未成年は逆に審査落ちしにくい、とも言えます。

流通系は通りやすい

流通系のクレジットとは、スーパー・コンビニ・デパート・大型家電のようなところが発行していることを指します。

このようなクレジットカードの特徴は、日常のショッピングに手軽に利用できるところです。クレジットカードを使用することによってポイントが付き、ポイントが貯まるとお金や商品券に換えることができ、節約効果もあります。

流通系のクレジットカードは多くの会社が発行しています。

セゾンカード・イオンカード・エポスカードのようなカードが、流通系のクレジットカードです。このようなカードはほとんどが年会費無料で入会でき、今紹介したカードも年会費無料で入会できます。

アルバイトや収入がない学生でも、流通系のクレジットカードであれば、まず審査をクリアできるでしょう。

 

プロパー系なら学生向けカードを狙おう

プロパー系のクレジットカードとは、直接店舗が発行するのではなく、国際ブランドのある会社が代わりに発行していることを指します。JCB・アメックス・ダイナースなどが発行していることが多いです。

プロパー系のクレジットカードを学生が審査をクリアするには、「学生向け」と書かれているカードへ申し込みするといいでしょう。

学生向けのクレジットカードの申し込みをするときに、必要事項の収入欄を0円にしても審査をクリアできるからです。

もしアルバイトをしていても、在籍確認の連絡が来ることはまずありません。また学生が申し込みするときは、親の収入状況を確認されるクレジットカードがありますが、学生向けのクレジットであれば親の状況を審査されることはありません。

学生向けのクレジットカードで人気があるのは、学生専用ライフカードと三井住友デビュープラスカードです。学生専用ライフカードに入会すると、海外で買い物をしたときに、学生のみ一部代金をキャッシュバックしてもらえるサービスが付いています。

また三井住友デビュープラスカードでは、アマゾンや楽天などネットショッピングするとポイントが貯まりやすい特徴があります。また入会してから初年度の年会費は無料で、翌年度以降も年1回クレジットカードを利用するだけで無料にすることができます。

 

ブランド力の高いカードを作るなら一定の収入は必要?

学生の場合、ゴールドカードのようなブランドがあるカードを持つのは難しいです。

ゴールドカードのようなカードを発行してもらうには、ある程度安定した収入を求められます。また年収もある程度以上稼いでいることが求められます。

確かにアルバイトで毎月一定金額以上の収入をもらっている場合、ゴールドカードを発行してもらえるカードもあります。

ただこのようなケースは少なく、学生で毎月一定金額収入を得るというのは簡単なことではありません。

社会人になるまで待って、そこでブランド力があるゴールドカードへ申し込みをする、というような形のほうがいいでしょう。

 

親の収入は関係ある?

学生の場合は本人の収入以外に、親の収入を記入しなければいけないクレジットカードもあります。

特に20歳未満の未成年で、本人の収入がない場合だと、親の収入が審査に影響する可能性があります。

未成年で就職している場合や、学生で収入がない20歳以上の場合だと、審査に影響する可能性は少なくなります。ただ親が住宅ローンなどの返済を滞納しているときは審査に影響します。

 

審査が通らない学生はどんな人?

先ほど記述したように、親の信用情報に問題があるようだと、審査を通過できない可能性は高まります。

信用情報で調べられるのは、クレジットカードや携帯料金の支払いをしていなかった場合、もしくは遅れている場合などです。

このようなことをクレジットカード会社が行っているのは、もし学生がクレジットカードを発行したとします。

そしてクレジットカードを利用する中で、学生本人の支払いができなくなった場合に親が援助してくれるのか、といったようなことを考えているからです。

 

2枚、3枚と複数カードを作っていくこともできる?

クレジットカードを学生が持つのは、2枚程度に抑えておいたほうがいいでしょう。

学生の場合クレジットカードを作るのは、2枚目までは簡単に作ることができますが、3枚目からは審査が厳しくなる傾向があるようです。

そこで審査落ちになってしまった場合、自信を失うことになりかねないので、2枚くらいで申し込みするのをストップしたほうがいいでしょう。

 

 

大学生がキャッシング枠を申請しても審査に通る?

大学生がキャッシング枠を申請しても、審査をクリアできるクレジットカードはあります。

ただ学生の場合は収入があるとしても、アルバイトで働いているケースがほとんどだと思います。アルバイトやパートの場合だと、キャッシング枠には制限があります。

もしキャッシング枠を設定したいのであれば、最初は10万円程度に抑えておいたほうがいいでしょう。入会してから増額申請する方法もありますが、キャッシング枠の増額はおすすめしません。

また学生専用に発行しているクレジットカードには、キャッシング枠自体がありません。

 

奨学金をもらっていても審査に通る?

奨学金をもらっていても、審査に影響することはありません。

ただ卒業してから、奨学金の返済を滞納している、または遅れていることがある場合には審査に影響します。

その場合未払いとして信用情報に記録されてしまい、新たにクレジットカードを作れなくなってしまいます。このようなことがないように十分気をつけましょう。

 

学生専用カードを作るなら、学生証のコピーが必要

学生専用カードを発行してもらうには、大学の学生証と本人確認書類が必要になります。本人確認書類は運転免許証・健康保険証などのことで、学生証とともにコピーしたものを準備しましょう。

カードを発行する申し込みする手順は、申し込みをして必要事項を記入します。収入欄を書くところがあると思いますが、学生専用カードであれば収入欄0円でも審査をクリアできます。

また学生向けのクレジットカードは、親は審査対象にはなりません。住所や電話番号など正確に記載しましょう。

申し込み用紙を送付する、またはインターネットから送信することで、審査結果を待ちます。審査は翌日か、遅くても1週間程度で通知されます。

審査をクリアしたら、あとは手元にカードが届くのを待つだけです。

 

クレジットカード利用の注意点

クレジットカードで支払った分は、翌月口座から引き落としになるケースが多いです。口座に引き落とし金額が入金しているか、事前に確認しておきましょう。

またクレジットカードには分割払い・リボ払い・キャッシングといった、お金がないときにも支払いを先延ばしにできる便利な機能があります。

何らかの事情がある場合は使用しても問題ありませんが、学生の間はこのような機能を使うのはおすすめしません。お金の支払いを先延ばしにするということは、借金をするのと同じ意味になるからです。

大学生は学業するのが本来の目的なので、学業とアルバイトを両立させて、クレジット利用する場合は一括払いにするのが理想です。

入学した大学生限定カードは審査には通るけど、損だからやめよう

大学生限定カードは魅力的な特典が付いている場合が多いですが、それはあくまで在学中のみの特典です。

卒業すると一般カードに自動的に切り替わり、その年会費が有料であることが多いのです。

 

解約して別のカードを作ればいいだけの話ですが、いろんな支払にそのカードを登録している場合が多いので切り替えるのは困難なのです。

 

参考までに、三井住友VISAデビュープラスカードの場合、実質年会費無料ですが、クラシックカードやクラシックカードAに切り替わると年会費が発生します(初年度の年会費は無料)。

 

カードの種類 年会費
三井住友VISAデビュープラスカード 年1回の利用で無料(利用なしなら1,250円+税)
クラシックカード 1,250円(学生は無料)
クラシックカードA 1,500円(学生は250円+税)

 

卒業すると1,250円〜1,500円の年会費が発生します。

 

それなら最初から年会費無料の一般カードで信用を積んで限度額を上げた方が得ということになります。例えば、楽天カードやYahoo!Japanカードは学生専用カードに引けを取らないポイント還元率です。

 

大学生でもラグジュアリーカードは作れる?

ラグジュアリーカードとは、富裕層向けのクレジットカードです。

年収制限・職業制限があるので大学生には作れません。

ただし、親がラグジュアリーカードを持っているなら、家族会員として保有することは可能です。家族カードの支払は本会員に請求されます。

よって利用明細が親に筒抜けになることなので、自分名義のカードも作っておいたほうが便利です。

関連記事:【知らなきゃ損】大学生におすすめの年会費無料クレジットカード

-大学生向けクレジットカード

Copyright© 節約女子流 , 2017 AllRights Reserved.