年会費無料クレジットカード - 節約女子流

節約女子流

*

大学生向けクレジットカード

大学生が社会人になったら注意すべきクレジットカードの知識

投稿日:

学生のときに利用しているクレジットカードと、社会人になってから利用するクレジットカードでは、使い方にも大きな違いがあります。

またクレジットのサービスについても違いがあり、社会人になってからのほうが幅広く受けられます。

 

大学生の期間だけ年会費無料のカードに注意しよう

学生の時に作ったクレジットカードは、卒業するとサービス内容が変わります。

基本的に卒業すると、一般カードや今まで使用したクレジットよりもランクが上がるカードへ、使用しているクレジットカード会社が自動的に切り替えます。

切り替わるときに注意するのが年会費です。

学生のときは年会費無料でも、社会人になると年会費がかかるクレジットカードは多くあります。

もし年会費が気になるのであれば、永年無料のクレジットカードも多くあるので、そのようなカードに切り替えましょう。学生向けクレジットの場合、在学中は学生特典のサービスを受けることができても、卒業するとそのサービスは使えなくなるので、一般カードに切り替えたほうがいいでしょう。

 

自動的に有料の上位カードを送ってくるケースもある

学生のときにクレジットカードを作り卒業すると、自動的に一般のクレジットカードに変わると書きましたが、そのようなクレジットをいくつか紹介していきます。

三井住友デビュープラスカードは、25歳まで利用できるクレジットカードで学生も持つことができます。

三井住友デビュープラスカードを使い続けていると、26歳になるとプライムゴールドカード、30歳になるとゴールドカードに自動的にランクアップするようすすめられます。ランクアップすると、海外国内旅行傷害保険が付いたり、主要空港のラウンジサービスを無料で利用できる、といった特典があります。

逆に気を付けることは年会費で、デビュープラスカードのときは無料でも、プライムゴールドカードに変わると5000円の年会費がかかるというような形で変わります。

 

MUFGカード・イニシャルカードの学生用も、自動的にランクアップするシステムがあります。カード名はMUFGゴールドカードに変わり、空港ラウンジを無料で利用できる特典がプラスされます。ゴールドカードになると初年度の年会費は無料ですが、2年目からは有料に変わるカードです。

 

学生専用ライフカードのケースでは、卒業しても使用することはできます。ただし海外国内の旅行傷害保険はなくなり、海外ショッピング利用5%オフの特典もなくなります。学生専用ライフカードを持っていてもメリットは少なくなるので、強制的ではありませんが一般のライフカードに切り替えるようになっています。

学生時代にクレジットカードを作っている人は、社会人になると一般カードに切り替わるようになります。切り替わったときは、それまで使用していたカードはハサミで切りましょう。また新しく利用するカードの年会費やサービス内容を、webサイトなどで確認しておいたほうがいいでしょう。

 

登録情報を学生から社会人に変更すれるメリット

学生から社会人になっても、使用しているクレジットカードを、引き続き使用できるカードは多くあります。

基本的に社会人なると、学生向けカードから一般カードへ切り替えをすすめられます。一般カードに切り替えるときの審査はありません。

一般カードに切り替わると、年会費・最高限度枠・サービス内容が、学生時代に使用していた時と変わります。最高限度枠は社会人になると上がるので、利用できる金額も増やせることになります。サービス内容も充実し、どのように変わっているのかwebサイトなどで確認したほうがいいでしょう。

 

限度額が上がる

クレジットの限度枠というのは、勤務先の年収や雇用形態、クレジットの利用年数・利用頻度・金額などを、クレジット会社が参考にして決めています。

限度枠は上げることもでき、申請する方法と自動的に上がるケースがあります。

したがってクレジットの限度枠は、利用実績を積んでいくと自然に上がるケースもあるわけです。利用実績というのは、同じクレジットカードを何回も利用して、利用する中で延滞や滞納がない、というようなことを続けることです。

それと学生の人は無収入かアルバイト雇用になりますが、社会人になると正社員や契約社員の雇用で働く人が多くなります。

正社員や契約社員になれば年収も上がり、クレジットの利用回数や金額も自然に増えていくといったことも、社会人になると限度枠が上がる要因になっています。

 

ラグジュアリーカードに招待される

限度枠と同じように、利用実績を積んでいくと、ゴールドカードやプラチナカードへ切り替えるための招待状が送られてくることがあります。

このような招待状が送られてきた場合は、審査なしで切り替えることができます。

ゴールドカード以上のクレジットカードを持つと、年会費は有料になりサービスは向上する、といったイメージをもてばいいでしょう。ゴールドカードの年会費は、1万円から2万円くらいが一般的です。

一般的なゴールドカードのサービスは、海外国内旅行傷害保険やショッピング保険が付いています。

旅行傷害保険は旅行中のトラブルをサポートするもので、2000万円から3000万円くらいで保障してもらえます。ショッピング保険は、購入した商品が盗難や破損などトラブルがあった場合に、期間限定で補償してもらえるケースが多いです。

そのほかのサービスは、ポイント制度が優遇されたり、国内・国際線の空港ラウンジが無料で利用できたり、中にはレストランの優待を受けることのできるクレジットカードもあります。

これがプラチナカードやブラックカードになると、最上級のサービスを受けることができるようになります。

-大学生向けクレジットカード

Copyright© 節約女子流 , 2017 AllRights Reserved.