年会費無料クレジットカード - 節約女子流

節約女子流

プロミスでお得に借りる

プロミスから電話がかかってくる?会社への電話が心配な人へ

更新日:

給料日までにお金が足りないなどの理由でプロミスに申し込んだけれど、職場に電話がかかってくるのは不安だという人もいるかもしれません。

プロミスでは申し込んだあとに自宅や職場に電話がかかってくるのか、またどのような内容なのか確認していきましょう。

プロミスから電話がかかってくるのは、申し込み時か在籍確認

プロミスでは申込み方法によっては、申込み後に自宅に電話が入ります。

特にWeb申込み時に「カンタン入力」で申込んだ場合は、必ず自宅や携帯電話などに電話がかかります。

「カンタン入力」は入力項目が少ない代わりに電話で詳細を確認することになっています。

なるべく電話で話したくないという場合は、「フル入力」を選択して申込みをしましょう。
(「フル入力」でもプロミスが必要とした場合には電話がかかる可能性あり)

また、プロミスから電話がかかるのは申込み確認だけではなく、審査項目の一つである「在籍確認」でも電話がかかります。

「在籍確認」とは、申込者の返済能力を確認するために、申込み時に申告した職場に電話で在籍を確認するものです。

職場への在籍確認は申込者が本当に申告した職場で働いているか確認するものなので、基本的には避けることができません。

申し込み時は自分の携帯や家の電話が優先なので、普通はかかってこない

プロミスで申込みをすると、家の電話や携帯電話、また職場の電話番号なども申告するため、いつ電話がかかってくるのか不安な人もいるでしょう。

プロミスから申込者本人の携帯電話を優先連絡先にしていれば、連絡があったとしても自宅ではなく携帯電話にかかるようにできます。

また申込み後は申込者本人への連絡が優先されるため、申込み後すぐに勤務先に電話があるようなことはありません。

連絡方法をメールにすれば絶対に家に電話はかかってこない!

プロミスから確実に電話がかかってくるのは、先にも紹介したように「カンタン入力」で申込んだ場合です。

どうしても自宅や携帯に電話がかかるのは嫌だという場合は、「フル入力」で申し込みをして、連絡方法を「メール」にしておけばその後の連絡はメールでしてくれるようになります。

ただし、どうしても確認したいことがある場合などには電話がかかってくることがあるため、注意が必要です。

在籍確認は普通ある。でも心配いらない

プロミスに限らず、金融機関のカードローン審査ではほとんどの会社が在籍確認を行っています。

在籍確認とは、先にも解説したように申込者の職場に電話をかけて、本当に職場に在籍しているのか確認を取るものです。

申込者の返済能力を確認するためにも、在籍確認は重要な審査項目となっています。

しかし、職場に電話がかかるということに不安を感じる人も少なくないでしょう。

プロミスの在籍確認とはどのようなものか、また在籍確認が取れない職場の場合はどうすればいいのか、確認していきましょう。

個人名でかかってくる

プロミスから職場に在籍確認の電話があると聞くと、職場の人に消費者金融でお金を借りたということがばれてしまうのではないかと思う人もいるかもしれません。

しかし、プロミスでは申込者のプライバシーを考慮し、プロミスという社名を名乗らずに個人名を名乗って電話をかけてきます。

もし、申込者が女性で、男性から在籍確認の電話があると困るという場合は、女性のオペレーターにしてもらうことも可能な場合もあります。

在籍確認の流れ、内容

在籍確認のためにプロミスから職場に電話がかかってくると聞くと、いったいどのようにして電話をかけてくるのか気になる人も多いでしょう。

プロミスからの在籍確認では、もし本人が電話に出た場合は、これがプロミスの在籍確認の電話であること、確認がとれたので在籍確認が完了した旨を知らせます。

もし申込者が席を外していた場合や、外出していた場合には下記のようなやり取りとなります。

プロミスの在籍確認時に離席のときプロミス「○○と申しますが、(申込者)さんはいらっしゃいますか?」
職場の電話対応者「(申込者)は外出しております。」
プロミス「何時ごろにお戻りですか?」
職場の電話対応者「○時ごろには戻ると思います」
プロミス「了解しました。ありがとうございました。」

上記のような流れで、申込者と電話がつながらなかったとしても、同じ職場の人から確実に申込者が在籍しているという返事がもらえれば、それで在籍確認は完了し、再度電話がかかることもありません。

もし電話に対応した人が申込者の存在を知らず、在籍しているにもかかわらず「(申込者)は在籍していません」と答えてしまった場合は在籍確認が取れなかったこととなり、審査に落ちる可能性もあるのです。

どうしても電話が困る人は、書類提出でいける場合も

最近では、職場の社員の情報を外部の人に漏らさない会社もあります。

特に派遣社員の場合、派遣元の会社では個人情報保護のために、申込者が派遣会社に在籍しているかどうかの質問には答えられないということも多いようです。

またアルバイトの場合は、職場に在籍していたとしても電話対応者がアルバイトのことを把握しきれていないケースも多く、在籍確認が取れないことが少なくありません。

このように、職場が在籍確認を取りづらいということが事前に分かっている場合は、プロミスに事前に電話で相談をしておくことが大切です。
プロミスでは、どうしても職場が電話での在籍確認が取れないという事情がある人に限り、在籍確認を書類提出で代用できる場合があります。

提出する書類としては、社会保険証(社名が入ったもの)、給与明細書(直近のもの)などです。
在籍確認を書類で代用して欲しい場合は、まずはプロミスに電話で相談してることをおすすめします。

電話がかかってくるその他の場合

プロミスでは申込み時には自宅の電話や携帯電話などに、また職場への在籍確認時には職場に、それぞれ電話をかけることがあります。
しかし、それ以外に電話がかかることがあるのでしょうか。順番に確認していきましょう。

増額のお誘い

プロミスでは、それなりに長い期間プロミスでの借入実績があり、継続して利用している上に延滞せずにきちんと返済を続けていると、限度額の増額の連絡のために電話がかかることがあります。

増額には審査がありますが、プロミスからわざわざ電話がかかってくるということは審査に通る可能性が高いということなのです。

もし限度額を増額したいと考えていたのならば、この機会に増額審査を受けましょう。

特に増額を希望していないという場合は断ったとしても問題はありません。

返済の遅延

プロミスに限らず、借りたお金を期日に返済せずに延滞をしてしまうと、必ず督促の連絡が入ります。最初はそれほど頻繁ではないですが、無視を続けていると回数が増えます。

それでも返済せずに無視を続けていると、最終的には法的手段を取られ強制的に財産が没収されることもあるため、延滞をした場合はプロミスからの電話に必ず出るようにしましょう。

可能であれば、今月は払えないと分かった段階で自分から電話をいれておくことで、何度も督促の電話がかかる事態を避けることができるうえに、プロミス側の心証が良くなります。

個人情報の変更確認

プロミスを利用中に引越しをした、職場が変わったという場合に連絡をしないでいると、確認のための電話がかかることがあります。

プロミスからの郵送物が届かなかった場合などに引越ししたことがわかり、確認の電話がかかるというケースです。

プロミスでは個人情報に変更があった場合はすみやかに変更届を提出しなければなりません。場合によってはカードの利用停止になる可能性もあるため、プロミスから電話がかかる前に自分で変更届を出しておくことをおすすめします。

まとめ

プロミスから電話がかかる主な場面は、申込み時や在籍確認時です。

ただし、申込み時にかかる電話は避けられる申込み方法がありますし、在籍確認の電話も職場の事情によっては避けることが可能です。

在籍確認の電話を避けたい場合は、申込み手続きが完了したらすぐにプロミスのコールセンターに電話連絡をして相談してみることをおすすめします。

関連記事:プロミスの審査落ちを回避!20万円借りる難易度は?

-プロミスでお得に借りる

Copyright© 節約女子流 , 2018 All Rights Reserved.