年会費無料クレジットカード - 節約女子流

節約女子流

*

楽天カードをお得に

楽天カードの分割手数料は2回払いまでなら無料!金利のイメージを掴もう

投稿日:

楽天カードをクレジット利用すると、一回払い・二回払い・リボ払い・分割払い・ボーナス払いの5種類の返済方法があります。

この返済方法の中には、手数料がプラスされるのがあり、どのような仕組みになっているのかを知っておくことで、不安を抱えることなくスムーズな返済ができます。ここでは分割払いの手数料に関することを解説していきます。

2回分割払いは手数料は無料

楽天カードの場合は、分割払い2回までは手数料はかかりません。つまり一括払いと同じ金額を支払えばいいことになります。

支払いを2回に分ける有効なケースとしては、例えば月収30万円の給料をもらっているとして、40万円の商品を楽天カードで購入したとします。

このケースで商品を一括払いにすると、1ヶ月10万円分の支出が月収を上回ってしまうことになります。

これを2か月に20万円ずつ分割払いしたとすると、それぞれの1ヶ月10万円分の収入が支出を上回る計算になります。分割払いすることで、1ヶ月当たりの生活負担を軽減できるといった使い方があります。

ちなみに楽天カードの引き落とし日は毎月27日となっているので、二回払いだとクレジット利用した翌月と翌々月に支払うようにすればよいことになります。

分割払いにしてもポイントは貰える

分割払いでもポイントが付与され、先ほどの例だと4000ポイントの楽天スーパーポイントが付与されます。

分割払いの手数料分のポイントも付与されますが、利息の関係からトータルではマイナスになることが多いので、ポイント目当てで分割払いするのはやめましょう。

分割払いの利用額はいくらからいくらまで(上限下限はある?)

分割払いを利用できる最低金額は、一般的なカード会社では1000円から3000円くらいからといわれているので、楽天カードもカード会社と変わらないと思います。

正確な数字はわかりませんが、数百円程度の商品を購入したときは、一括払いできるくらいのお金は確保しておきたいところです。

逆に上限額は、300万円以下という表現になるでしょう。楽天カードの利用可能枠の増額する方法は、インターネットで申請する方法と電話で申請する方法があります。

インターネット申請する方法は、楽天サイトe-NAVIで申請していくのですが、ここで増枠できる最高金額は100万円までです。

さらに増枠したいのであれば、楽天カードコンタクトセンターへ電話申請する必要があります。ここで電話交渉して、過去のクレジットカード利用履歴でトラブルがないほか、楽天カードの利用が半年以上経過しているなど、条件次第では最高300万円まで利用可能枠を増額できます。

この利用可能枠というのは、ショッピング1回払い・分割払い・リボ払い・キャッシングなど、すべての利用に対する合計の枠になります。ちなみに分割払いの利用額は、割賦枠という項目を見ます。

この割賦枠というのは、一括払い以外の支払い方法に割り当てられる枠のことです。分割払い以外にリボ払いやボーナス払いも、この割賦枠に含まれます。もし割賦枠の上限を超えてしまった場合は、その分の金額は翌月1回払いの請求になる、というような法律があります。

このように楽天カードの分割払いの利用額の、下限と上限の正確な金額はわかりませんが、目安として下限は1000円~3000円、上限は300万円以下というような形になるでしょう。

楽天カードの分割手数料はどれくらいかかる?

楽天カードは2回分割するまでの分割手数料は無料ですが、3回目からは分割手数料はかかります。

楽天カードの分割回数は2回から36回まであり、分割回数が増えていくごとに、分割手数料も増えていきます。

利用代金100円あたりの手数料が、支払い回数ごとに変わる計算方式をとっています。分割手数料は支払回数によってかなり変わってくるので、手数料がかからないように、できるだけ分割回数を少なくしたいところです。

基本的な金利

楽天カードの分割払いは、支払い回数によって支払う利息分の手数料が決まっています。

分割支払いが3回では12.25%、5回では13.50%、10回では14.50%のように、支払回数が増えていくと金利も上がっていく仕組みになっています。

支払回数は36回まであり、15回目以降は15%となっています。

もし20万円を分割するなら、分割回数別のシミュレーション

例えば20万円の商品を購入したとして、分割支払いの回数を変化させると、どのような支払い金額になるのか解説していきます。支払回数は3回から36回までありますが、ここでは3回・5回・10回・15回・30回をシミュレーションしていきたいと思います。

支払回数を3回に分けた場合分割手数料は4080円になり、支払総額は204080円になります。利用した翌月から支払っていくので、翌月は68028円で残り2か月はそれぞれ68026円となります。

5回払いの分割手数料6800円、支払総額206800円、1ヶ月当たりの支払い41360円です。

10回払いの分割手数料13600円、支払総額213600円、1ヶ月当たりの支払い21360円です。

15回払いの分割手数料20400円、支払総額220400円、1ヶ月当たりの支払い、最初が14698円で翌月以降14693円です。

30回払いの分割手数料40800円、支払総額240800円、1ヶ月当たりの支払い、最初が8046円で翌月以降8026円となります(1ヶ月当たりの支払いが端数になった場合、端数部分は最初の月に支払います)。

このように支払い回数月を増やしていくと、支払総額は増えて1ヶ月当たりの支払いの負担は少なくなります。

このケースだと3回払いと30回払いを比較すると、支払総額で36720円の差がでてきます。支払総額を減らすには、支払回数も減らす必要があります。

支払回数を減らしたい場合は、コールセンターへ連絡して対応してくれるので、できるだけ支払回数は少なくしたほうが最終的には負担が軽くなります。

分割払いキャンペーンについて

期間限定ではありますが、楽天市場で分割払いのキャンペーンを行っているときがあります。

対象となるとはそのときしだいになり、楽天カード限定であったり、その他のクレジットカードも対象となったり、分割払いの回数が決められていたりします。

もしこの対象に当てはまり分割払いでショッピングする場合は、事前にエントリーする必要があります。エントリーした後ショッピング利用することで、分割払いの手数料がポイント還元されるようになります。

楽天市場のサイトでこのようなキャンペーンにエントリーすることで、分割払いの手数料がポイント還元することがあるので、見逃しのないようにしましょう。

-楽天カードをお得に

Copyright© 節約女子流 , 2017 AllRights Reserved.