年会費無料クレジットカード - 節約女子流

節約女子流

三井住友VISAとJCBどっち?

三井住友VISAカードのプラチナカード審査は普通の会社員でも通る?年収基準を教えて!

更新日:

三井住友VISAカードの最上位ステータスを誇るのが「三井住友VISAプラチナカード」です。ゴールドカードよりもさらに年会費が高いため、普通の会社員が所有することができるのか気になる人も多いでしょう。

三井住友VISAプラチナカードは年収いくらなら審査に通るのか、また審査に通るためのポイントについて解説していきます。

三井住友VISAカードのプラチナカードの入手難易度

銀行系で一般カードでも十分高ステータスといわれる三井住友VISAカードですが、その上位版に「三井住友VISAプラチナカード」があります。

三井住友VISAプラチナカードは、最上位のステータスを誇るクレジットカードです。

入手するにはステータスカードにありがちな招待(インビテーション)だけでなく、直接申込みをすることも出来ます。

しかし、誰でも申し込めるからといって、誰でも審査に通るわけではありません。

まず、年会費が50,000円かかります。

この金額は、通常のサラリーマンには高いと感じる金額ではないでしょうか。

また、入会条件が30歳以上となっていること、カードの利用枠が最初から300万円以上となっていることなどから、それなりに高年収であること、しっかりした職業についていて収入が安定していることなどが望まれます。

このような入会条件から考えても、入会できる条件に当てはまる人はそれほど多くないと考えられます。

誰でも持てるものではないからこそ、高いステータスを誇る1枚となっているとも言えるでしょう。

三井住友VISAプラチナカードについてチェック

普通の会社員の場合、年収はどれくらい必要?

三井住友VISAプラチナカードは、入会条件や年会費の面から考えてもかなりの年収が必要です。

特に気になるポイントが、カードの利用枠です。

通常のカードであれば30万円程度からスタートする利用枠が、最初から300万円以上に設定されているのです。

カードローンやクレジットカードのキャッシング利用時に関係する「総量規制」という法律があります。総量規制は貸金業者で借りる場合、年収の3分の1以上借りることができないというものです。

クレジットカードのショッピング枠だけであれば、総量規制は関係なく、割賦販売法が適用されます。

しかし、年収の3分の1という数字は、年収に対する返済能力の限界値としてある程度参考にできるでしょう。

年収の3分の1が参考値として利用枠に設定されているとすれば、300万円というカードの利用枠から考えて年収900万円以上は必要だと想定されます。

だいたい年収1,000万円近い高所得なサラリーマン向けのカードと言えます。

ただし、この数字はあくまで参考値として考えておきましょう。

実際には勤続年数や職業、返済履歴など総合的に判断されて信用度が高ければ、そこまでの年収が必要ない場合もあると考えられます。

公務員と民間会社勤務だと必要年収は違う?

公務員は、どのようなローン審査でも有利になる場面が多いです。

三井住友VISAプラチナカードでも、民間会社勤務の人よりは多少年収が低くても審査に通る可能性が高いです。

なぜ公務員が優遇されるかというと、公務員は基本的にクビにならないこと、倒産がないこと、それにより勤続年数が長くなること、また減給などもないことなどが理由と考えられます。

しかし、いくら公務員の人であっても、個人信用情報に延滞の記録がある人や、他社借入が多い人はお金にルーズな人ではないかと判断される可能性が高いです。

あくまで、公務員が有利になるのは、他社借入がない、またはきちんと返済していること、過去にも延滞の記録がないことが必須条件となります。

 

一方で、民間会社勤務の人の場合、いくら高年収でも勤続年数が短いと転職を繰り返しているのではないかと考えられることもあります。

 

また、収入が安定しない場合も審査で不利になります。

外資系金融などで1年間は3000万円もらえても、次の年にはクビになる可能性がある人は、相対的に評価が低くなります。

この考え方からいうと、民間企業の会社員でも安定している企業なら、年収による審査は基準が緩和される可能性が高いです。

大企業やインフラ系の安定した企業の人は、クビにもなりにくいし、公務員くらい安定度がある場合も多いですから。

 

 

 

やっぱりプラチナ経営者が多いの?

三井住友VISAプラチナカードの年会費や入会条件などから考えて、年収はそれなりに高くないと審査に通らないことが考えられます。

特に年齢が30歳以上と限定されているため、新入社員は対象外となり、役職のない平社員も少ないのではないかと予想されます。

また、一般カードではなくプラチナカードをあえて所持しようとする人は、それなりにステータスが必要な立場だと考えることもできます。

例えば、医者や弁護士、会社経営者、会社の役員などの人たちが当てはまります。

入会条件や審査が厳しいカードであるがゆえに、ステータスを誇る職業や立場の人たちは、あえてプラチナカードを所持し続けるのではないでしょうか。

いきなりプラチナカードは厳しいっていう人は・・・

年収の基準とみてきましたが「やっぱりいきなりプラチナは厳しいかなぁ~」って人もいるかと思います。

そんな人はゴールドカードや一般の三井住友visaカードから作っていくのも良いでしょう「関連記事:三井住友VISAゴールドの審査はJCBゴールドより厳しい?電話連絡なしで作れる?」。

個人的には三井住友visaって一般カードで十分なんですよね。

変なゴールドカード使っていると金持ちアピールしているようですが、三井住友visaの一般カードは上品にかっこいいというか。

是非、一般カードも検討してみてください。

関連記事:三井住友VISAカードとJCB。年会費無料で使うならどっちが良い?

審査時間はどれくらいかかる?

三井住友VISAカードは、ステータスが高いクレジットカードに珍しく最短で当日に審査結果が分かるようになっています「関連記事:三井住友VISAカードの審査時間はどれくらい?結果の確認方法は?」。

そのため、プラチナカードも早ければ1週間で手元にカードが届きます。

ただし、1週間で手元にカードが届くようにするためには、インターネットで入会手続きを終わらせること、インターネットで支払い口座の設定(らくら発行)をすること、申告内容に不備がないことなどが条件となります。

また、審査内容によっては時間がかかる場合もあるため、1週間では届かない場合もあることを想定しておきましょう。

プラチナカードの保有メリット

三井住友VISAプラチナカードは、最上位のステータスを誇るクレジットカードだという話をしてきましたが、ステータスだけではなく高い年会費に見合った充実したサービスが付帯しています。

高いステータスのクレジットカードが欲しいという人はもちろん、旅行を安心して楽しめるためのサービスが充実しているため、国内や海外旅行によく行くという人には特に利用価値の高いカードだと言えるでしょう。

三井住友VISAプラチナカードの保有メリットを順番に見ていきましょう。

世界130カ国で利用可能な「プライオリティ・パス」

他のステータスカードでも当然のように付帯しているサービスですが、三井住友VISAプラチナカードでも世界130カ国、1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用可能な「プライオリティ・パス」を付帯させることができます。

プライオリティ・パスを利用したくない場合は、グルメやライフアイテム、ホビーアイテムなどのプレゼントに変更することも可能です。

充実したカード付帯の旅行保険サービス

三井住友VISAプラチナカードでは、国内外の旅行に対して充実した保険を付帯させています。

海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険として最高1億円、航空便遅延保険、お買物安心保険(年間最高500万円)など、手厚い保険が付帯しているため、海外旅行が不安だという人でも安心して旅行に行くことができるでしょう。

コンシェルジュサービスが24時間利用可能

国内や海外旅行で不安になるのが、ホテルやレストランはどこに行けばいいのか、予約はどうすればいいかなどではないでしょうか。

三井住友VISAプラチナカードでは、航空券やホテルの予約、会員の好みに合うレストランを探す手伝いなどをしてくれる「コンシェルジュサービス」を24時間年中無休で利用することができます。

ゴルフコースやコンサート、観劇などの案内もしてもらえるため、自分で探すのが面倒だという人には特に重宝するサービスだと言えます。

まとめ

三井住友VISAプラチナカードは、入会条件や審査が厳しいため、誰でも所有できるものではありません。それなりに高い年収で地位の高い立場の人が多く所有しているステータスカードなのです。

しかしどんなに地位が高い人でも、他社借入が多い人や返済を延滞している人は審査に通らない可能性が高いです。年収や職業も重要ですが、日々の支払いを真面目な態度で確実に行っている実績が大切だと考えておきましょう。

-三井住友VISAとJCBどっち?

Copyright© 節約女子流 , 2018 All Rights Reserved.